SMBCモビットの評判は良い!やばいと言われる理由は?Web上の口コミをもとに解説

「SMBCモビット 評判」アイキャッチ

SMBCモビットの利用を検討している方は、口コミや評判が気になるのではないでしょうか。

Web上には、良い評判とイマイチな評判の両方が見られるため「実際にお金を借りるのは不安」「本当にSMBCモビットでいいのだろうか」と不安に感じてしまうかもしれません。

結論から言えば、SMBCモビットは非常に評判が良く、はじめてカードローンを利用したと言う人からも高評価の口コミが多く見られます。

本記事では、SMBCモビットの良い口コミ・悪い口コミを参照した総評の他に、SMBCモビットの申し込み方法や審査基準についても解説しているので、実際に申し込む際の参考としてぜひ読んでみてください。

本記事でわかること
  • SMBCモビットの総評
  • 良い口コミから分かるSMBCモビットのメリット
  • イマイチな口コミから分かるSMBCモビットのデメリット
  • SMBCモビットの申し込みや審査の手順
SMBCモビット
SMBCモビット

★審査&融資スピード最短30分!
★WEBで完結
★郵便物なし
★保証人不要
★三井住友銀行ATMで手数料無料取引可能!
【ネットで完結!すぐに申込可能!】詳細はこちら>>

SMBCモビットのカードローン概要

SMBCモビットは、SMBCグループが提供している大手消費者金融カードローンです。

「満20歳以上満74歳以下の安定した定期収入のある方」なら誰でも申し込むことができ、多くの人に利用されています。

SMBCモビット
金利(年) 審査時間 無利息期間 在籍確認 Web完結 郵便物なし
3.0%~18.0% 10秒簡易審査 なし Web完結なら
電話連絡なし
借入限度額 融資スピード 最低返済額(月々) 担保・保証人 成約率 土日祝日の融資
最大800万円 ※最短30分 4,000円~ 不要 39.60%
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
横スクロールできます→

即日での融資に対応しており「早く、スムーズにお金を借りたい」という方におすすめです。

また、完全Web完結での取引に対応していたり、在籍確認なしで申し込むことができたりと、申込者のプライバシーに配慮したサービスも特徴的です。

「周囲の人にバレたら困る」という状況でも非常に頼りになります。

三井住友銀行カードローンとの違いは?

同じSMBCグループが提供しているカードローンに、三井住友銀行カードローンがあります。

「同じ会社のカードローンなのに何が違うんだろう?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

SMBCモビットは消費者金融、三井住友銀行カードローンは銀行カードローンにあたるため、サービスの特徴がさまざまな点で異なります。

具体的なSMBCモビットと三井住友銀行カードローンの違いは、以下のようにまとめられます。

サービス 金利 融資スピード 利用限度額
SMBCモビット 3.0~18.0% 最短30分 1万円〜800万円
三井住友銀行カードローン 1.5%~14.5% 最短翌営業日 10万円〜800万円

SMBCモビットと他社のカードローン比較

消費者金融カードローンからの融資を考える場合、SMBCモビットだけでなく他社のカードローンも選択肢に入れている人が大半でしょう。

SMBCモビットと他の消費者金融カードローンについて、限度額や金利など、さまざまな観点から比較したところ、以下のような結果になりました。

カードローン 限度額 金利 貸付対象 在籍確認 審査通過率
(2022年6月)
SMBCモビット 800万円 3.0~18.0% 満20〜69歳 なし
(WEB完結の場合)
36.3%(※3)
アイフル 800万円 3~18% 満20~69歳 原則なし 29.8%(※1)
アコム 800万円 3.0~18.0% 20~69歳 あり 38.4%(※2)
プロミス 500万円 4.5~17.8% ※18歳~69歳 あり 36.3%(※3)
レイクALSA 500万円 4.5~18.0% 満20~満70歳 あり 34.9%(※4)

(※1)参照:「月次データ」(アイフル株式会社)
(※2)参照:「マンスリーレポート」(アコム)
(※3)参照:「月次データ」(SMBCコンシューマーファイナンス)
(※4)参照:「四半期決算情報」(新生銀行)

上の表を見てみると、SMBCモビットは他の消費者金と比べて際立ったこそないものの、全てのサービス内容が充実していることがわかります。

「特に重視するポイントはないので、無難に良いカードローンを使いたい」という方には、SMBCモビットはかなりおすすめです。

SMBCモビットの評価

SMBCモビットのサービス内容を星5つで評価すると、次の表のようにまとめられます。

評価項目 評価 具合的な内容
金利の低さ ⭐️⭐️⭐️⭐️ 3.0%~18.0%
借入限度額 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 1〜800万円
融資スピード ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 最短30分
申し込みの手軽さ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ スマホ1つで申し込み可能
周囲へのバレにくさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 郵送物なし・在籍確認なし
成約率の高さ ⭐️⭐️⭐️⭐️ 39.6%
返済負担の軽さ ⭐️⭐️⭐️⭐️ 月々最低4,000円〜返済可能

SMBCモビットは、サービス内容が全体的に高く評価できます。

特に手軽に申し込めてすぐに借入ができる点、家族や職場にバレずに借入できる点が特に大きなメリットとして挙げられ、良い評判に繋がっています。

その他成約率や金利、月々の返済額などの細かいサービス内容についても、他社カードローンに劣っている部分がなく、誰でも利用しやすいカードローンと言えるでしょう。

【結論】SMBCモビットは評判のいいカードローン

結論から言うと、SMBCモビットは非常に評判の良いカードローンです。

Web上では、高評価・低評価どちらの口コミも見られますが、良い口コミから分かるメリットの方が、悪い口コミから分かるデメリットよりも遥かに大きく感じられます。

SMBCモビットの良い評判
  • 申し込んだ日のうちに借入ができる
  • 「Web完結」申し込みなら家族にバレない
  • 在籍確認電話がないから職場にもバレない
  • 入会費・年会費がかからない
  • 三井住友銀行のATMなら手数料無料で取引できる
SMBCモビットの悪い評判
  • 「Web完結」申し込みに対応している銀行口座が限られる
  • 「無利息期間サービス」がない
  • 銀行カードローンに比べて金利が高い

以下の項目では、それぞれの評判について詳しく解説していきます。

SMBCモビットの良い口コミ・評判

Web上では、SMBCモビットに対する良い口コミが非常に多いです。

特に速い融資スピードや、家族や職場にバレないという点に関して「助かる」と言う声が多く見られます。

口コミでSMBCモビットが高く評価されているのは以下のような点です。

  • 申し込んだ日のうちに借入ができる
  • 「Web完結」申し込みなら家族にバレない
  • 在籍確認電話がないから職場にもバレない
  • 入会費・年会費がかからない
  • 三井住友銀行のATMなら手数料無料で取引できる
  • Webで利用状況が管理できる

申し込んだ日のうちに借入ができる

SMBCモビットは最短審査時間が30分で完了するため、申し込んだ当日中の借入も可能です。

Webからの申し込みは24時間いつでも受け付けていますが、電話のオペレーター対応9:00〜21:00の営業時間内に限定されるため注意しましょう。

申し込みの家庭で不明な点があったり、入力や確認書類提出に不備があった場合、オペレーターの対応に頼らなければならない可能性があります。

そのため、確実に即日融資を受けたい場合営業時間内に電話相談ができるよう、20時ごろまでに申し込みを開始するのがおすすめです。

「Web完結」申し込みなら家族にバレない

家族にバレずに利用できるのもSMBCモビットの大きなメリットです。

「お金を使い込んだことが家族にバレたら困る」という状況でカードローンの利用を検討している方も少なくないでしょう。

SMBCモビットは、Web完結申し込みまたはローン契約機からの申し込みで家族にバレることなく利用できます。

「Web完結」またはローン契約機から申し込むことで、以下のような郵送物なしで契約ができます。

  • ローンカード
  • 手続き完了の案内書
  • 利用ガイド

「Web完結」のカードローンでは、ローンカードに代わってWeb上のマイページやアプリで利用者情報が管理できるため、毎月の利用明細も郵送されません。

「お金を使い込んだことが家族にバレたら困る」という方にとっては、バレる心配なく安心して利用できるという点が高く評価されています。

在籍確認電話がないから職場にもバレない

在籍確認とは、申込者が申告した勤め先に在籍しているかを確認する行為です。

SMBCモビットでは、原則在籍確認をしない上、在籍確認をする場合も申込者の同意のもと、プライバシーに十分配慮しておこなうため、勤め先にバレる可能性はかなり低いです。

在籍確認をおこなうオペレーターは、カードローン会社の名前は出さず、オペレーターの個人名で電話をかけるため、自分以外の社員が電話に出たとしても「カードローンの在籍確認だ」と知られることはありません。
在籍確認

SMBCモビットのWEB完結なら、原則として電話・書類手続きが発生しないため、電話による在籍確認なしでご利用できます。
引用元:「カードローンの在籍確認とは|実施の流れ~電話・書類の場合を解説」(SMBCモビット)

入会費・年会費がかからない

SMBCモビットは、入会費・年会費が一切かからない点も、利用しやすさに繋がっていると思われます。

SMBCモビットに入会してから払うことになるお金は、借入した金額と借入金額に対する利息のみです。

そのため、借入を積極的におこなわなくても損になることはありません。

一度借入したお金を完済したら、またお金が必要になるまで無理に追加借入をする必要はありませんし、入会から初回借入まで期間が空いても問題はありません。

自分の必要な金額だけ、自分のペースで利用できるのがSMBCモビットのメリットです。

三井住友銀行のATMなら手数料無料で取引できる

SMBCモビットは、消費者金融のカードローンにしては珍しく、手数料無料で取引できるATMがあるのがメリットです。

三井住友銀行の店舗内ATMでは、借入や返済に伴うATM手数料が無料で利用できます。

三井住友銀行をメインバンクとして利用している方なら、預金の引き出しのついでに借入や返済をおこなうこともできて非常に便利です。

プロミスやアコムなど、他の大手消費者金融カードローンは、手数料無料で利用できるATMはないため、SMBCモビットならではのメリットをいえるでしょう。

SMBCモビットのイマイチな口コミ・評判

SMBCモビットは評判の良いカードローンですが、中にはイマイチだと感じる人からの口コミもみられました。

SMBCモビットは利用者が非常に多いため、口コミ全体の母数が多い以上、イマイチな口コミの数も増えてしまうと考えられます。

イマイチと評価されるポイントは、以下の3つにまとめられます。

  • 「Web完結」申し込みに対応している銀行口座が限られる
  • 「無利息期間サービス」がない
  • 銀行カードローンに比べて金利が高い

「Web完結」申し込みに対応している銀行口座が限られる

1つ目の低評価ポイントは、「Web完結」申し込みに対応している銀行口座が限られるという点です。

「Web完結」申し込みは、郵送物のやりとりや電話などもなく、Web上で入会まで完了する申し込み方法です。

「Web完結」申し込みで入会して、銀行振り込みでの融資を希望する場合、振り込みに対応している銀行は以下の4つに限定されます。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

上記の銀行に口座を持っていない方は、、事前に口座を作ってからSMBCモビットに申し込むか、WEB完結申込以外の方法で申し込む必要があります。

りそな銀行や各地方銀行などをメインバンクとしている方にとっては、やや不便い感じてしまうかもしれません。

「無利息期間サービス」がない

「無利息期間サービス」がないという点についても残念がる口コミがみられました。

無利息期間とは、「その期間中に返済した分の金額に利息が加算されない期間」のことです。

例えば無利息期間が30日で、5万円借りたと仮定しましょう。

借入から30日以内に一括返済した場合
利息なしで5万円だけを返済(振込手数料などは別)
30日以内に3万円返済し、残り2万円借入残高がある場合
借入残高の2万円に対して利息がつく

上記の例のように、無利息期間中に返済した分だけ利息負担を抑えることができるということが分かります。

アコムやプロミスなど、無利息期間サービスがある大手消費者金融も多いため、SMBCモビットに無利息期間サービスがないのを残念に思う人もいるでしょう。

銀行カードローンに比べて金利が高い

SMBCモビットは消費者金融のカードローンであるため、銀行カードローンに比べれば金利は高く感じてしまいます。

同じSMBCグループのカードローンで比較しても、以下のように銀行カードローンの方がはるかに金利が低いことが分かります。

カードローンの種類 金利
三井住友銀行カードローン 年1.5%~年 14.5%
SMBCモビット(消費者金融カードローン) 3.0%~18.0%

しかし、銀行カードローンはSMBCモビットに比べて融資までのスピードが遅く、最短でも翌営業日以降になる場合がほとんどです。

そのため、融資スピードと金利を照らし合わせて、自分にあったカードローンを選ぶことが大切です。

「SMBCモビットはやばい」と言われるのはなぜ?

ここまで「SMBCモビットは評判の良いカードローン」だということを述べてきました。

しかし、サイトや検索エンジンに「SMBCモビットはやばい」というキーワードが表示されることも多いため、不安に感じてしまう方もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、貸金業法という法律に則って営業しており、金融庁からの認可を受けて営業しているため、安心して利用できるカードローン会社です。

なぜ「SMBCモビットはやばい」という評判を目にするのかといえば、カードローン自体が危険な違法業者が運営しているサービスという誤ったイメージを持たれているからだと考えられます。

過度な取り立てやしつこい営業電話はない?

具体的にSMBCモビットが「やばいのではないか」と心配される要素として、以下の2つがみられます。

  • 返済が遅れた時の取り立てが恐そう
  • しつこい営業電話で高い金額を貸し付けようとしてくるのではないか

過度な取り立てはされないので安心

「借金は過度な取り立てがおこなわれる」というイメージを持っている方も少なくないでしょう。

しかし、貸金業法第二十一条で、下記のような過度の取り立て行為は禁止されています。

  • 午後9時から午前8時の間に自宅を訪問または連絡して取り立てる
  • 自宅以外の場所で取り立てをする
  • 第三者に肩代わりをさせる
  • 誹謗中傷したり、個人情報を脅しに使う

参照:「貸金業法」第二十一条

先ほど述べたようにSMBCモビットは、金融庁の認可を受けて正規に運営している消費者金融であり、上記のような取り立てはおこなわないため、安心して利用できます。

営業電話はしつこくない

カードローンで一度お金を借りると、以後しつこく営業電話がかかってくる」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし実際には、以下のようなタイミングでしか電話連絡はされません。

  • 返済が遅れた場合
  • 利用限度額が増額された時

利用限度額は、借入と返済をしている場合、半年〜1年ほどで申し込み時の金額から増額されることが多いです。

そのため、申し込んですぐの時期は「よく電話がかかってくる」という印象に繋がりやすいのでしょう。

しかし、入会から時間が経てば電話連絡はほとんどされません。

また、増額の案内やキャンペーンの案内で電話がかかってきたとしても、しつこく追加借入を進められることはありません。

違法な貸金業者も確かに存在する

SMBCモビットをはじめとした大手消費者金融は「貸金業法」に則って営業している健全な事業者です。

しかし、中には「貸金業法」に違反している業者が存在していることも確かです。違法な貸金業者は俗に「ヤミ金」とも呼ばれています。

違法業者の特徴として挙げられるのは次のようなものです。

  • 金融庁登録番号を所持・公開していない
  • チラシやSNSでしか存在を確認できない
  • 最高金利が20%を超えている、または金利が公表されていない
  • 「無審査」などという謳い文句がある

ここまで紹介してきた内容から、SMBCモビットは上記のような違法業者に当てはまる特徴を持っていないことがわかるでしょう。

また、もしSMBCモビット以外からの融資を検討する場合は、違法業者ではないか確認することが大切です。

SMBCモビットの申し込みと審査の方法・手順

SMBCモビットの申し込みは、以下の2つの方法でおこなえます。

  • Web完結申し込み
  • カード申し込み

Web完結申し込みの手順

Web完結申し込みでは、郵送物や電話なしで申し込みが完了し、最短即日で融資を受けることができます。

Web完結申し込みの手順は以下の通りです。

STEP.1
申し込み〜簡易審査
Webの申し込みフォームに必要情報を入力すると、簡易審査結果が受け取れます。

簡易審査では本人確認や信用情報の照会がおこなわれていないため、必ずしも本審査の結果と一致する訳ではありませんが、信用情報に問題がない方は、簡易審査の結果をある程度信用してもいいでしょう。

STEP.2
確認書類提出〜本審査
上で紹介した入力情報と、本人確認書類、収入証明書、信用情報などを照会して本審査がおこなわれます。

本審査に通過できれば、審査結果と入会手続きの案内がメールで届けられます。

SMBCモビットの規約に同意し、案内に沿って入会を完了させれば、借入ができるようになります。

審査がスムーズにおこなわれれば、本審査が完了するまで最短30分です。

STEP.3
申し込み完了〜借入
入会手続きが完了したら、借入ができます。

借入は銀行振り込みとATM引き出しの2つの方法でおこなえます。

「Web完結申し込み」かつ「銀行振り込み」の条件で借入をする場合、対応している銀行口座は以下の4つに限定されるため注意しましょう。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
Web完結申し込みのメリット
・郵送物や在籍確認がないから周囲にバレない
・簡易審査結果が早く確認できる
・手続きがスピーディ

カード申し込みの手順

カード申し込みでは、最低限の入力項目で申し込みができるため「スマホやパソコンで申し込み情報を打ち込むのが面倒」という方に向いています。

一方で、郵送物のやり取りがあるため、手続きに時間がかかる点、家族に秘密にするのが難しくなる点がデメリットです。

STEP.1
申し込み〜簡易審査
Web上の申し込みフォームに必要情報を入力すると、簡易審査結果が受け取れます。

「入力が面倒」という方は、電話で案内に従って手続きを進めることができます。

簡易審査では本人確認や信用情報の照会がおこなわれていないため、必ずしも本審査の結果と一致する訳ではありませんが、信用情報に問題がない方は、簡易審査の結果をある程度信用してもいいでしょう。

STEP.2
確認書類提出〜本審査
上で紹介した入力情報と、本人確認書類、収入証明書、信用情報などを照会して本審査がおこなわれます。

本審査に通過できれば、審査結果と入会手続きの案内がメールまたは電話で届けられます。

審査がスムーズにおこなわれれば、本審査が完了するまで最短30分です。

STEP.3
モビットカードと申し込み書類の受け取り
審査に通過したら、SMBCモビットからモビットカードと申し込み書類が郵送されます。

モビットカードはローン契約機で受け取ることも可能ですが、審査内容によっては郵送でしか対応してもらえないこともあるので注意しましょう。

STEP.4
申し込み書類を返送・手続き完了
郵送された申し込み書類のうちの1つ「入会申込書」に必要事項を記入してSMBCモビットに返送します。

返送が済んだら入会手続き完了となり、モビットカードを使って借入ができます。

Web完結申し込みのメリット
・Webでの入力事項が最小限に抑えられる
・モビットカードを発行できる

SMBCモビットの審査は厳しい?

SMBCモビットの審査は、特別厳しいという訳ではありません。

2022年6月の各カードローンのレポートを見ると、他の大手消費者金融と同じような成約率であることが分かります。

「成約率」とは
「新規申込者のうち、どの程度が審査に通過したか?」 を表す指標で、審査通過率とも呼ばれます。
カードローン 成約率
SMBCモビット 36.3%
アコム 38.4%
アイフル 29.8%
プロミス 36.3%
レイクALSA 34.9%

参照:「月次データ」(アイフル株式会社)
参照:「マンスリーレポート」(アコム)
参照:「月次データ」(SMBCコンシューマーファイナンス)
参照:「四半期決算情報」(新生銀行)

審査基準については次の項目で詳しく解説しますが「安定した収入があって金融事故を起こしていない」方は躊躇することなく申し込んでみてもいいのではないでしょうか。

SMBCモビットの審査でチェックされるポイント

SMBCモビットの審査で重要になるチェックポイントは、以下の2つです。

  • 返済能力
  • 信用情報

参照:「審査に関するお悩み」(SMBCモビット)

返済能力

返済能力とは「SMBCモビットから借りたお金を無理なく返済することができるか」という審査基準です。

返済能力は主に次のような項目で判断されます。

  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤続年数

現在の収入だけでなく「収入が安定して確保されるか」も重要な判断基準です。

カードローンの返済は、数ヶ月〜数年に渡って決まった金額を払い続ける必要があるため「毎月安定した収入がある」と言うことが重要視されているのです。

例えば、会社員のように毎月決まった給料が支給されている方であれば、特に良い評価を得られやすいです。

ただし、「正社員でなければ通過できない」ということではないので、アルバイトや派遣社員などの非正規雇用であっても、毎月決まった額の収入があれば審査に通過する可能性があります。

信用情報

信用情報とは、カードローンやクレジットの取引内容を記録した情報で「信用情報機関」で保存・管理されています。

具体的には、以下のような内容が信用情報として記録されています。

  • ローンやクレジットの申し込み情報
  • ローンやクレジットの契約内容
  • ローンやクレジットの支払い状況
  • 金融事故の有無(破産や強制退会など)

SMBCモビットを含む貸金業者の審査では、この信用情報機関から申込者の信用情報を照会しています。

クレジット支払いやキャッシング返済の延滞や、事故破産などの履歴がある方は所謂「金融ブラック」と呼ばれ、SMBCモビットの審査に通過するのが難しくなります。

一方で「延滞や金融事故を起こしていない」ことがわかる信用情報は高く評価され、審査にプラスに働きます。

まとめ

SMBCモビットは良い口コミもイマイチな口コミも見られますが、総評としては、かなり評判が良いカードローンと言うことができます。

SMBCモビットについての良い口コミでは、以下のような点が高く評価されてることが分かります。

  • 申し込んだ日のうちに借入ができる
  • 「Web完結」申し込みなら家族にバレない
  • 在籍確認電話がないから職場にもバレない
  • 入会費・年会費がかからない
  • 三井住友銀行のATMなら手数料無料で取引できる
  • Webで利用状況が管理できる

「SMBCモビットはやばい」という評判が目に入るのは、カードローンと言うサービス自体に対して、「違法業者が運営している・危険」という誤ったイメージを持たれているからだと考えられます。

実際、SMBCモビットは貸金業法という法律に則って営業しており、金融庁からの認可も得て営業しているため、安心して利用できるカードローン会社です。

「今日中にお金を借りたい」「信用できる会社のカードローンを利用したい」「評判の良いカードローンを利用したい」という方は、SMBCを検討してみてはいかがでしょうか。

SMBCモビットに関するよくある質問

Q. SMBCモビットはどんな人におすすめですか?
A.

SMBCモビットは、以下のような方におすすめです。

・即日で借入したい方
・三井住友銀行ATMでよく取引をする方
・家族や職場にバレずにカードローンを利用したい方

Q. SMBCモビットの良い評判・口コミはどのようなものがありますか?
A.

SMBCモビットについて、以下のような良い口コミが多くみられます。

・申し込んだ日のうちに借入ができる
・家族にバレない
・在籍確認電話がないから職場にもバレない
・入会費・年会費がかからない
・三井住友銀行のATMなら手数料無料で取引できる
・Webで利用状況が管理できる

詳しくはこちらの項目で解説しています。

Q. SMBCモビットのイマイチな評判・口コミはどのようなものがありますか?
A.

SMBCモビットについて、以下のようなイマイチな口コミがみられます。

・Web完結」申し込みに対応している銀行口座が限られる
・「無利息期間サービス」がない
・銀行カードローンに比べて金利が高い

詳しくはこちらの項目で解説しています。

Q. SMBCモビットに申し込んだら、必ず借入をしなければいけませんか?
A.

SMBCモビットに申し込んで入会をしても「必ず借入をしなければいけない」という規定はありません。

お金を借りる必要に迫られた時に備えて入会しておくのもおすすめです。

Q. 「SMBCモビットはやばい」という評判を目にしたのですが、本当ですか?
A.

SMBCモビットは貸金業法という法律に則って営業しており、金融庁からの認可も下りているため、安心して利用できるカードローン会社です。

なぜ「SMBCモビットはやばい」という評判を目にするのかといえば、カードローン自体が危険な違法業者が運営しているサービスという誤ったイメージを持たれているからだと考えられます。