SMBCモビットの審査は厳しい?審査基準や審査通過のコツ、落ちる人の特徴を解説!

カードローンを調べていてSMBCモビットが気になったけど、審査がなんとなく厳しそうで不安…
SMBCモビットの審査に落ちたくないので、きちんと対策してから申し込みたい

SMBCモビットの利用を検討する方の多くは、上記のように「SMBCモビットの審査は厳しいのか?」「自分は審査通過できるのか?」ということが気になるでしょう。

結論を言えば、SMBCモビットの審査は他社カードローンと比べて特別厳しいわけではありません。

以下のような条件に当てはまる方は、審査に通過できる可能性があります。

SMBCモビットの審査に通過できる可能性があるケース
  • 毎月安定した収入がある
  • 長期間のクレジット延滞や金融事故の履歴がない
  • 他社からの借入がない

加えて、SMBCモビットの審査の流れ・審査に落とされてしまう原因を把握した上で対策を施せば、審査に通過できる可能性をさらに高めることが可能です。

この記事では、SMBCモビットの審査難易度や審査基準を詳しく解説し、申込方法や審査の流れなど、SMBCモビットをこれから利用したい人に向けて詳しく解説します。

この記事でわかること

  1. 【結論】SMBCモビットの審査は他社と比較して特別審査が厳しいわけではない
  2. SMBCモビットの審査は返済能力・信用情報・他社借入状況の3点をチェックされる
  3. SMBCモビットの審査に通過したい場合、他社カードローンに融資を申し込まず、借入希望額を少なめにすると良い
  4. 初めてのカードローン申し込みにはSMBCモビットがおすすめ
ATMでも銀行振込でも借りられる「SMBCモビット」
SMBCモビット

★10秒簡易審査
★Webで完結
★郵便物なし
★保証人不要
★三井住友銀行ATMで手数料無料取引可能!

もくじ

SMBCモビットの審査は厳しい?甘い?成約率や口コミから解説

SMBCモビットの審査は厳しくない

SMBCモビットは大手消費者金融カードローンの中ではやや「審査が厳しい」と言う評判が目立つため、審査について不安に思う方も多いでしょう。

結論ですが、SMBCモビットの審査は、他の消費者金融カードローンと比較して特別厳しいわけではないと考えられます。

もちろん、厳正な審査を通過した申込者しか利用できないため、審査が甘いとは言えませんが、それは他社カードローンも同じです。

以下のような点に注目してみると、決して特別審査が厳しいわけでもないことが分かります。

それぞれの根拠について、詳しく解説していきます。

成約率は低くないと考えられる

SMBCモビットの審査が他社と比べて厳しいかどうかは、成約率に注目すれば一定の判断ができます。

「成約率」とは
「新規申込者のうち、どの程度が審査に通過したか?」 を表す指標で、審査通過率とも呼ばれます。

「成約率が高い=審査が甘い」とは言えませんが、成約率が低いよりは高い方が新規貸付に前向きな傾向がみられます。

SMBCモビット自体は成約率を公表していませんが、同じSMBCグループが審査・保証を担っているプロミスと近い成約率であることが推測できます。

カードローンの成約率

ただし、同じSMBCグループであっても細かい審査基準は異なる場合があるため、あくまで参考としてご覧ください。

カードローン 成約率
SMBCモビット 非公表
プロミス
(SMBCグループが審査・保証を担当)
43.8%
アコム 40.9%(※1)
アイフル 33.0%(※1)
レイク 30.4%(※2)
※1=2022年11月時点
※2=2022年12月時点
参照:「月次データ」(アイフル株式会社)
参照:「マンスリーレポート」(アコム)
参照:「月次データ」(SMBCコンシューマーファイナンス)
参照:「四半期決算情報」(新生銀行)

大手消費者金融カードローンの中で、プロミスの成約率は最新(2022年11月・12月時点)でのデータで1番高いことが分かります。

同じSMBCグループが審査・補償しているSMBCモビットについても、成約率は他社と比較して低くないことが推測されます。

成約率一覧のカードローンの記事カードローン成約率(審査通過率)ランキング!審査に通りやすいおすすめカードローン会社を紹介!

アルバイト・派遣社員・パート・自営業でも借入可能

SMBCモビットは、正社員だけでなく、アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も審査の対象となることを明言しています。

年齢満20歳以上74歳以下の安定した定期収入のある方、アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。(当社基準を満たす方)
引用元:「お申込いただける方」(SMBCモビット)

定期的な収入があれば、雇用形態は問わず、融資の対象になることがわかります。

ただし、収入が年金のみの方はお申込できないので注意しましょう。

収入が少なくても審査通過できる可能性がある

また、SMBCモビットの融資限度額は最低1万円〜に設定されており、収入が少なくても審査自体には通過できる可能性が十分にあります。

総量規制の観点から、年収の3分の1の金額までは借入できる可能性があるため、例えば年収12万円(=月収1万円)の方でも、4万円の限度額で審査に通過できる可能性があります。

アルバイトで「週1〜2日のシフトしか入っていない」という方でも、審査に通過できる可能性があるのでご安心ください。

ワケアリでも審査通過したという口コミもみられる

SMBCモビットは利用者が多いため、審査に通った/通らなかった口コミがどちらも多くみられます。

審査に通過できた口コミの中には、他社借入があったり、他社カードローンの審査に落ちていたりと、いわゆるワケありの申し込みでも通過できたという口コミもあります。

あくまで参考ですが、チェックしてみてください。

審査に通った口コミ

他社2件の借り入れがあり、先日、プロミスで融資不可をされていた為、ダメ元で申し込みましたが、なんと融資可能との事!

女性ぶるぶるさん(仮名) 2018.10.08
引用元:「みん評」

他社カードローンの審査に落ちた方でも、SMBCモビットの審査に通ったという口コミが見られます。

また、他社借入があっても通過できたケースも見られるため、審査について心配しすぎる必要はないのではないでしょうか。

審査に通らなかった口コミ

10秒審査はOKだったのに、本契約しようとしたらNGでした。
女性aさん (仮名)
引用元:「みん評」

もちろん、審査に通過できなかった人の口コミも見られます。

上で紹介した中には、夜職一本のお仕事であることが審査落ちの原因だとみられる口コミがありました。

夜職のように審査に不利といわれる職業の方は、収入証明書を提出するなどの対策で審査落ちのリスクを軽減できます。

以下の記事では、夜職の方がカードローン審査に通過しやすくなるコツなどを詳しく解説しています。
アイキャッチ夜職でもお金を借りることはできる!ホストやキャバ嬢がカードローンに申し込む際のポイントを解説

他社のカードローンと審査結果が異なる場合もある

審査結果が違うケース

先に紹介した口コミの中には「他社カードローンに落ちたけどSMBCモビットに通過した」という書き込みが多く見られました。

しかしそのような口コミがあるからといって「SMBCモビットの審査が甘い」とは言えません。

カードローンの審査は提供元の各社が独自の基準でおこなっているため、同じ収入・同じ信用情報で審査を受けた場合でも、審査結果が異なるケースもあります。

そのため「A社のカードローンには落ちたけど、SMBCモビットの審査には通過した」というケースもありますし、逆のケースももちろんあります。

「◯◯社のカードローンは審査が甘い」というような評判はWeb上で度々目に入りますが、カードローン会社自身が発表している情報ではないため、信憑性は低いです。

審査が甘いカードローンはない

SMBCモビットの審査が他社カードローンと比べて「特別厳しくない」と言える根拠として「そもそも審査が甘いカードローンはない」という点があります。

というのも、カードローン各社の審査難易度について、SMBCモビット自身が以下のように言及しています。

申込者が各社の審査基準を満たしている場合に限って、融資が可能であると判断されます。そのため、誰でも簡単に借りられるカードローンはありません。
引用元:「簡単に借りられるカードローンはある?審査基準や通過するためのポイントを解説」(SMBCモビット)

カードローンのような無担保ローンは、申込者の信用を担保にしている商品なので、どこを選んでも厳正な審査が行われることに変わりはありません。

また、SMBCモビットは「審査が甘い」「だれでも借りられる」などと謳う貸金業者が提供しているカードローンに対して次のような注意を呼びかけています。

「審査が甘い」「だれでも借りられる」などは誇大広告として貸金業法によって禁止されています。
引用元:「カードローンの審査とは|審査基準や流れ~落ちる場合の理由まで解説」(SMBCモビット)

SMBCモビットよりも「審査が甘い」と明確に言えるカードローンがないため、SMBCモビットの審査が「厳しい」とは言えないわけですね。

SMBCモビットの審査基準は3つ

SMBCモビットの審査基準
SMBCモビットの審査で確認される項目は、以下の3つです。

この項目では、上記の審査項目について、詳しく解説していきます。

収入や雇用形態から分かる「返済能力」

1つ目の審査基準は、「返済能力」です。

「返済能力」は、借りたお金を無理なく返済できるかを判断する指標です。

返済能力を判断するためにチェックされる項目をさらに細かく分けると、以下のような情報があります。

返済能力の判断基準
  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態

借入した時点での収入だけでなく、「その収入が安定しているか」も重要な判断基準です。

カードローンの返済は、数ヶ月〜数年に渡って決まった金額を払い続ける必要があるため「毎月安定した収入がある」ことが重要視されているのです。

雇用形態も収入の安定感を判断するために照会されますが、正社員でなくても審査に通過できる可能性は十分にあります。

アルバイトや派遣社員などの非正規雇用であっても、毎月決まった額の収入があれば審査に通過する可能性があります。

金融取引の履歴が記録された「信用情報」

信用情報とは、カードローンやクレジットの取引内容を記録した情報で「信用情報機関」で保存・管理されています。

具体的には、以下のような内容が信用情報として記録されています。

信用情報の記録内容
  • ローンやクレジットの申し込み情報
  • ローンやクレジットの契約内容
  • ローンやクレジットの支払い状況
  • 金融事故の有無(破産や強制退会など)

信用情報機関は日本に3つ存在し、それぞれが情報を共有しあっています。

信用情報機関とSMBCモビットの関係
信用情報機関 概要 SMBCモビットとの関係
株式会社CIC クレジット会社や貸金業者が提供しているカードローンの多くが加入している。
割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関。
SMBCモビットが加入している
日本信用情報機構
(JICC)
貸金業者が提供しているカードローンや金融機関などが多く加入している。
信用情報の収集・登録・管理などをおこなっている。
SMBCモビットが加入している
全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
全国銀行協会が運営。銀行取引に関する信用情報を管理している。 SMBCモビットは加入していないが、情報を共有・照会している

SMBCモビットは上記のような信用情報機関から金融取引の履歴を照会した上で「申込者が過去、金融取引で問題のある行動をしていないか」を確認しているのです。

クレジット支払いやキャッシング返済の大幅な延滞や、事故破産などの履歴がある方は、いわゆる「金融ブラック」と呼ばれ、SMBCモビットの審査に通過するのが難しくなります。

一方で「延滞や金融事故を起こしていない」ことがわかる信用情報は高く評価され、審査にプラスに働きます。

他社からの借入の有無

SMBCモビット以外のカードローン会社からの借入があるかどうかも、重要な審査基準です。

当然、他社からの借入が少なければ評価は高く、多ければ評価が低くなります。

他社からの借入がある状態で申し込むことは「返済能力がないのではないか」「返済の負担がかなり多くなるのではないか」と判断される要因となるためです。

これは、多重債務を抑制するため、「貸金業法」で定められた内容です。

複数のカードローンから借入をおこなうことで返済負担が大きくなり、金融トラブルを起こすリスクが高まります。

多重債務による金融トラブルから利用者を保護する目的もあり、他社からの借入がある申込者には融資を慎重に行っているのです。

具体的な審査通過基準は公表されていない

具体的な審査通過基準に関する疑問

SMBCモビットをはじめすべてのカードローン会社は「年収が◯◯万円以上なら通過する」「他社借入が◯件いないなら通過する」というような具体的な審査通過基準を公表していません。

融資できるかどうかを判断するには、先に紹介した年収、勤続年数、信用情報、他社からの借入件数・金額などの情報をもとに、総合的に判断されるためです。

年収や勤続年数、他社からの借入などの申し込み情報は、コンピューターによって自動で点数化(スコアリング)され、一定の点数を超えると審査通過となるシステムです。

スコアリング審査のイメージ

この点数の内訳や合格基準点が公表されていないのです。

審査基準は金融機関ごとに異なっており、また、その内容は決して公開されません。
申込時には、収入情報・信用情報・勤務先情報といったお客さまの情報をもとに、総合的な審査が行われます。
引用元:「カードローンの審査とは|審査基準や流れ~落ちる場合の理由まで解説」(SMBCモビット)

正確な審査結果は「受けてみなければわからない」と言うしかありません。

ただし、SMBCモビットが返済能力の有無を判断する上での目安となる計算式を公表しています。(次項で解説)

返済能力を判断する目安となる計算式が公表されている

具体的な審査通過基準は明かしていないSMBCモビットですが「返済能力」判断の目安としている計算式を公表しています。

以下の計算によって「返済に毎月当てられる資金」が月々の返済額を上回っているかを判断していると述べています。

返済にあてられる資金
毎月の収入-(固定費(居住費、保険料等)変動費(光熱費、通信費、食費等)各種ローン返済額

上記の計算式によって求められた「返済にあてられる資金」が「月々の返済額」を上回っている状態が、「返済能力がある状態」ということができます。

以下のように各項目に数字を代入することで、自分自身でもシミュレーションができます。

返済にあてられる資金=20万円-(固定費8万円+変動費10万円+各種ローン返済額4,000円

上記の場合「返済にあてられる資金」が1万6,000円となり、返済額4,000円を上回るため「融資可能」と判断される可能性があります。

SMBCモビット審査に通過するコツ

SMBCモビットを申し込んで審査を受ける際に、意識しておくといいポイントを解説していきます。

この項目で紹介するポイントを押さえることで、審査落ちのリスクを軽減しつつ、審査がスムーズにおこなわれる可能性が高まります。

審査に不安がある方や、スムーズに審査を終わらせて早く借入したいという方は、ぜひ参考にして実践してみてください。

カードローン 審査 通らないカードローン審査に通りやすくする7つのコツを徹底解説!通らないときは他社へ申し込んでみよう

SMBCモビット1社に絞って申し込む

SMBCモビットに申し込む際は、他社のカードローンに一緒に申し込むのは避けましょう。

複数のカードローンに申し込むのが望ましくない理由は、審査に不利に働く可能性があるからです。

カードローンに申し込んだというデータは信用情報機関に保存され、審査で照会されます。

複数のカードローンに申し込んでいるというデータは、カードローン会社にとって「返済能力に不安があるのではないか?」と懸念させる要素となってしまいます。

多数のカードローンの申し込みをしていることで、収入面などの審査要素に不安材料があるのではないかと警戒される可能性があります。
引用元:「カードローン複数申し込みはNG?複数借入れのデメリットを解説します」(三井住友カード)

複数のカードローンに申し込むことが必ずしも審査に不利に働くとは限りませんが、できれば避けておくべき手法と言えるでしょう。

申し込み情報を正確に入力する

2つ目のコツは、申込み内容に不備が無いようにすることです。

申し込み情報に不備があった場合、以下のようなトラブルが発生し、結果審査落ちしてしまう恐れがあります。

申し込み情報に不備によるトラブル
  1. 本人の信用情報が照会できなかった
  2. 在籍確認がとれなかった
  3. 確認書類と一致しなかった

上記のような事態を防ぐため、入力情報は1度見返して、誤りがないか確認してから送信するといいでしょう。

借入希望額を低めに設定する

SMBCモビットの審査を通過したい場合、必要最低限の借入希望額で申請しましょう。

こちらも「他のカードローンと一緒に申し込まない」理由と同じで「返済能力に不安があるのではないか?」と誤解させないことが目的です。

カードローンを申し込む際、借入希望額を自分で決めて申請しますが、借入希望額が多いほど、貸し倒れのリスクが高くなるため審査も慎重になります。

特に初回契約で50万円以上の借入を希望すると収入証明書の提出が義務付けられることからもわかるように、50万円を超える融資の審査は、ひとつハードルが上がると考えられます。

そのため特別必要がない限りは、50万円以下の借入希望額で申請するといいでしょう。

はじめは借入希望額が少なくても、借金の滞納を起こさずに返済実績を重ねていけば、後から借入限度額を増額されることが多いです。

「契約時に希望した金額までしか今後も借りられない」ということではないため、安心して大丈夫です。

カードローン 増額案内カードローンの増額案内とは?届く理由や届いた時の申し込み方法などを解説

自営業や個人事業の方は収入証明書を提出するといい

収入の安定性が疑問視されやすい職業の方は、提出を求められなくても収入証明書を提出するのがおすすめです。

収入の安定性が疑問視されやすい職業
  • 自営業・自由業
  • 個人事業主
  • 夜職
  • フリーター

SMBCモビットの審査は、返済能力が大きなポイントとなっているため、収入証明書を提出するのが有効です。

収入証明書を提出することで、返済に十分な収入を得ていること、給与支払い先の会社との雇用関係などを証明できるため、審査に落とされるリスクを軽減できます。

スマホで写真を撮ってWeb上で提出することもでき、手間もかからないため、審査が不安な職業の方は収入証明書を提出しましょう。

収入証明書の例や提出方法については、後の項目で詳しく解説しています。

SMBCモビットにはどうやって申し込む?

ここまでSMBCモビットの審査基準や審査に通るコツについて解説してきました。

解説を受けて「実際に申し込むにはどうしたらいいの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

この項目では、以下の3つに注目しながら、実際にSMBCモビットに申し込む方法について詳しく解説していきます。

それぞれについてみていきましょう。

SMBCモビットの申し込み条件

SMBCモビットには、以下のような申し込み条件が定められています。

申し込み条件
  • 年齢が20歳〜74歳の間
  • 安定した収入がある

満年齢20才~74才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
引用元:「貸付条件等」(SMBCモビット)

10代の方や定年退職した後の高齢者はSMBCモビットに申し込めないため注意が必要です。

先に解説したように、申込者本人に安定した収入があることは重要な審査基準とされているため、申込条件として明記されてます。

SMBCモビット申し込みに必要書類は2種類

SMBCモビットの審査では、下に挙げる2種類の書類の提出が必要になります。

必要書類
本人確認書類
申し込みで必ず提出
収入証明書
審査内容によって必要になる場合がある

それぞれの書類の具体例や提出方法について解説していきます。

申込者全員が提出する本人確認書類

本人確認書類とは、氏名、住所、生年月日などの本人情報が、申し込み内容と一致しているかを確認するために照会されます。

申込者本人によって申し込みされているかを確認するのは審査において不可欠なので、申込者全員に提出が求められます。

SMBCモビットの審査で利用できる本人確認書類は以下の4つです。

有効な本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード※
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳
※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などを提出する場合は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して提出する必要があります。

マイナンバーカードや健康保険証など、有効期限がある書類は、有効期限内のものしか取り扱いされません。

本人確認書類によって確認が必要な情報は氏名・住所・顔写真の3つです。

そのため、顔写真がない健康保険証や住所記載がない最新版のパスポートなどは単体での本人確認ができないため、2種類の書類を一緒に提出しなければならない場合があります。

カードローン 保険証のみ保険証のみで借入できるカードローンを紹介!お金を借りる際の注意点も解説

大口借入を希望する場合は収入証明書が必要となる場合がある

収入証明書は、カードローンの審査で必ず提出するものではありませんが、以下の状況に当てはまる場合は提出が求められます。

収入証明書の提出が求められるケース
  • 借入希望額が50万円を超える場合
  • 借入希望額と他社借入額の合計が100万円を超える場合

SMBCモビットの審査で有効な収入証明書は以下のとおりです。

有効な収入証明書
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書

いずれの書類も発行される最新年度のものである必要があります。

上記のような書類が手元にない場合は、勤め先や市町村役所で発行してもらい、提出できる状態にしておきましょう。

必要書類の提出方法

ここまで紹介してきた必要書類は、以下の3種類の方法で提出することができます。

必要書類の提出方法
  1. スマートフォンで撮影した画像を送信
  2. 自動契約機で書類をスキャニング
  3. コピーを作成して郵送

1つ目の方法はWeb完結申し込みの場合、2つ目と3つ目の方法はカード申し込みで利用できます。

画像を撮影して提出する場合は、Webやアプリからアップロードすることができます。

画像が不明瞭だと受理されずに再撮影が求められるため、明るいところでピントを合わせて撮影しましょう。

SMBCモビットの審査方法と申し込みの手順

SMBCモビットの審査は、仮審査と本審査に分かれます。

仮審査では、申し込み時に入力された情報から、スコアリングシステムによって「融資可能か」が判断されます。

仮審査に通過したら、次におこなわれるのは本審査です。

本審査では、申し込み時に入力された情報が正しいかどうかを確認するために、以下のような作業がおこなわれます。

本審査でおこなわれること
  • 本人確認書類の確認
  • 信用情報の照会
  • (場合によって)在籍確認

上記の作業を経て、申し込み情報との整合性が確認できれば、本審査にも通過することになります。

申し込みから借入までの細かい手順は、申し込み方法によって異なります。

SMBCモビットに申し込む方法は「Web完結申し込み」と「カード申し込み」の2種類があります。

以下の項目では、それぞれの申し込み方法について借入までの手順を解説していきます。

Web完結申し込みの手順

Web完結申し込みでは、郵送物や電話なしで申し込みが完了し、最短即日で融資を受けられます。

Web完結申し込みの手順は以下の通りです。

STEP.1
申し込み〜簡易審査
Webの申し込みフォームに必要情報を入力すると、簡易審査結果が受け取れます。

簡易審査では本人確認や信用情報の照会がおこなわれていないため、必ずしも本審査の結果と一致する訳ではありませんが、信用情報に問題がない方は、簡易審査の結果をある程度信用してもいいでしょう。

STEP.2
確認書類提出〜本審査
上で紹介した入力情報と、本人確認書類、収入証明書、信用情報などを照会して本審査がおこなわれます。

本審査に通過できれば、審査結果と入会手続きの案内がメールで届けられます。

SMBCモビットの規約に同意し、案内に沿って入会を完了させれば、借入ができるようになります。

審査がスムーズにおこなわれれば、本審査が完了するまで最短30分です。

STEP.3
申し込み完了〜借入
入会手続きが完了したら、借入ができます。

借入は銀行振り込みとATM引き出しの2つの方法でおこなえます。

「Web完結申し込み」かつ「銀行振り込み」の条件で借入をする場合、対応している銀行口座は以下の4つに限定されるため注意しましょう。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
Web完結申し込みのメリット
・郵送物や電話連絡(Web完結の場合)から周囲にバレない
・簡易審査結果が早く確認できる
・手続きがスピーディ
カードローン web完結Web完結のカードローン16選!スマホでOK!来店不要のカードローンはどれ?

カード申し込みの手順

カード申し込みでは、最低限の入力項目で申し込みができるため「スマホやパソコンで申し込み情報を打ち込むのが面倒」という方に向いています。

一方で、郵送物のやり取りがあるため、手続きに時間がかかる点、家族に秘密にするのが難しくなる点がデメリットです。

STEP.1
申し込み〜簡易審査
Web上の申し込みフォームに必要情報を入力すると、簡易審査結果が受け取れます。

「入力が面倒」という方は、電話で案内に従って手続きを進めることができます。

簡易審査では本人確認や信用情報の照会がおこなわれていないため、必ずしも本審査の結果と一致する訳ではありませんが、信用情報に問題がない方は、簡易審査の結果をある程度信用してもいいでしょう。

STEP.2
確認書類提出〜本審査
上で紹介した入力情報と、本人確認書類、収入証明書、信用情報などを照会して本審査がおこなわれます。

本審査に通過できれば、審査結果と入会手続きの案内がメールまたは電話で届けられます。

審査がスムーズにおこなわれれば、本審査が完了するまで最短30分です。

STEP.3
モビットカードと申し込み書類の受け取り
審査に通過したら、SMBCモビットからモビットカードと申し込み書類が郵送されます。

モビットカードはローン契約機で受け取ることも可能ですが、審査内容によっては郵送でしか対応してもらえないこともあるので注意しましょう。

STEP.4
申し込み書類を返送・手続き完了
郵送された申し込み書類のうちの1つ「入会申込書」に必要事項を記入してSMBCモビットに返送します。

返送が済んだら入会手続き完了となり、モビットカードを使って借入ができます。

カード申し込みのメリット
・Webでの入力事項が最小限に抑えられる
・モビットカードを発行できる

SMBCモビットは融資まで最短30分|簡易審査は最短10秒で結果がわかる

SMBCモビットの審査にかかる時間は最短30分であると公式サイトで明言されています。

SMBCモビットを含めた大手消費者金融カードローンの審査にかかる時間は以下のとおりです。

カードローン 審査時間
SMBCモビット 最短30分
最短10秒(簡易審査)
プロミス 最短20分(※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。)
アコム 最短30分
アイフル 最短25分
レイク 最短60分
最短15秒(仮審査)
※1=2022年11月時点
※2=2022年12月時点

最短10秒で簡易審査結果がわかる

SMBCモビットは、申し込み情報から算出される簡易審査(事前審査)の結果が最短10秒でわかる点が特徴的です。

他社カードローンでは、仮審査の結果がわかるまでに数十分の時間を要したり、本審査の結果が出るまで仮審査結果が通知されないところも多いです。

「本審査が終わるまで最短で30分かかるのに、10秒で出る審査結果を信じてもいいの?」と考える方もいるでしょう。

もちろん簡易審査で借入可能と診断されれば必ず本審査にも透とは限りませんが、申し込み情報を正確に入力しており、信用情報に問題がない人は信じてもいいでしょう。

本審査は申し込み情報の裏付けを確認する作業であるため、虚偽の入力をしていたり、信用情報に問題があるケースでなければ審査結果が覆る可能性は低いといえます。

簡易審査とはいえ、通過できるかどうかの目処が早く着くのはメリットになるでしょう

「早く審査結果が知りたい」という方にはSMBCモビットがおすすめです。

土日でも即日融資を受けられる

SMBCモビットは土日にも審査対応・即日融資をおこなっています。

対応時間も平日と同じであり、最短30分で審査が完了する点も平日と変わりません。

SMBCモビットの審査対応時間
9:00〜21:00(土日祝日も変わらず)

ただし土日に申し込む場合は、在籍確認に少し注意が必要です。

勤務先が土日休みの場合は、在籍確認ができないため、審査がスムーズにおこなわれない場合があります。

勤務先が土日休みの方は、在籍確認を電話以外でおこなうよう、SMBCモビットのオペレーターに相談したり、勤務先名が記された書類を提出することで対策できます。

アイキャッチ土日でお金を借りる方法!休日も最短即日融資可能なカードローンを紹介

SMBCモビットで即日融資を希望する場合は20時30分までに申し込みを済ませよう

SMBCモビットは、すでに契約している利用者からの借入申請は24時間受け付けていますが、新規申し込みの審査を24時間おこなっているわけではありません。

SMBCモビットでは審査の受付時間を9~21時としており、21時までに審査が完了しなかった場合、当日ではなく翌日の審査になるため注意しましょう。

21時までに審査を完了させるためには、30分という最短審査時間を考慮して20時30分までに申し込みをすめせておく必要があります。

また、最短30分の融資スピードはあくまで最短の場合であり、書類の不備や在籍確認が取れないといったトラブルが生じると、審査にかかる時間が長くなってしまいます。

SMBCモビットへの申し込み件数が多い場合などは対応が遅れることも考えられるため、できれば20時前後までに申し込みをしておくのがおすすめです。

SMBCモビットってどんなカードローン?基本情報をあらためて解説

SMBCモビットの特徴
SMBCモビットは信頼度の高い三井住友カードが提供するカードローンブランドで、三井住友銀行ATMからの利用であれば手数料無料で取引できるメリットがあります。また成約率や借入スピードもトップレベル!
当サイトのSMBCモビット評価
融資スピード
(4.0)
審査通過率
(5.0)
金利の低さ
(1.0)
バレにくさ
(5.0)
当サイトの評価基準はコチラ
おすすめポイント
  • 最短30分で借入可能!
  • 土日祝日の融資が可能
  • Web完結・郵送物なしで借りれる
  • Web完結なら電話連絡なし
SMBCモビット詳細情報
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査時間 10秒簡易審査
融資スピード 最短30分※1
無利息期間 なし
成約率(審査通過率) 非公表
最低返済額(月々) 4,000円~
担保・保証人 不要
収入証明書 原則必要
在籍確認の電話連絡 Web完結なら 電話連絡なし
WEBで完結
郵送物なし
土日祝日の融資
特記事項 ※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
「SMBCモビット 評判」アイキャッチSMBCモビットの評判は良い!やばいと言われる理由は?Web上の口コミをもとに解説 SMBCモビット 借り方SMBCモビットの借り方を解説!おすすめATMや即日融資の注意点とは SMBCモビットの審査は厳しい?審査基準や審査通過のコツ、落ちる人の特徴を解説! smbcモビット 在籍確認SMBCモビットは在籍確認なしで借入できる?在籍確認後の借入契約における成立・不成立も解説

SMBCモビットは、アコムアイフルなどと並び、多くの利用者を誇っている大手消費者金融カードローンです。

web完結・カードレス・郵送物なしで申し込めるため、以下のような方にもおすすめなカードローンと言えます。

SMBCモビットがおすすめなケース
  • 手間をかけずにお金を借りたい場合
  • 周囲の人にバレずにお金を借りたい場合
  • 早くお金を借りたい場合

上記のような様々なケースで頼りになるため、SMBCモビットは非常におすすめです。

Web完結・郵送物なしで申し込める

SMBCモビットは、申し込みにおいて以下のような利点があるため、スマホ1つで手間なし、周囲にバレずに利用できます。

申し込み時の利点
  • Web完結で申し込める
  • 郵送物なしで申し込める
  • カードレスで借入ができる

SMBCモビットの店舗に足を運んだり、郵送物のやり取りをする必要がないため、早く申し込みを済ませたい方にもおすすめです。

カードローン web完結Web完結のカードローン16選!スマホでOK!来店不要のカードローンはどれ?郵送物なし カードローン郵送物なしカードローン9選!家族や職場にバレる原因を解説

借入方法は3つから選べる|カードレスでの借入も可能

SMBCモビットは以下の3つの借入方法から選択できます。

SMBCモビットの借入方法
  • モビットカードを使った借入
  • アプリを使った「スマホATM取引」での借入
  • 振り込みによる借入

上記の中でも「スマホATM取引」での借入はカード受け取り前でもコンビニATMで借入ができるため、非常に便利です。

スマホATM取引はセブンイレブンとローソンの2種類のコンビニで利用可能です。

SMBCモビットのアプリダウンロード

三井住友銀行ATMなら手数料無料で取引ができる

SMBCモビットは、SMBCモビット自体の店舗ATMがない代わりに、同じくSMBCグループが運営している三井住友銀行で手数料無料取引が可能です。

三井住友銀行では取引不可能なカードローンも多いため、三井住友銀行をメインバンクとして利用している方は注意が必要です。

各カードローン会社の利用可能ATM
カードローン カードローン会社
自身の店舗ATM
三井住友銀行ATM 三菱UFJ銀行ATM コンビニATM
SMBCモビット なし
プロミスATMでは手数料無料取引が可能
◯(手数料無料)
アコム ◯(手数料無料) ×
アイフル ◯(手数料無料) ×
プロミス ◯(手数料無料) ◯(手数料無料)

三井住友銀行をメインバンクとして利用している方には便利な上、借入・返済の際に手数料を節約できるため、SMBCモビットの利用がおすすめです。

SMBCモビットの審査に通らないのはなぜ?落ちた理由で考えられること

SMBCモビットの審査に落ちる原因として考えられるのは、以下のようなものがあります。

SMBCモビットの審査に落ちる原因
  1. 安定した収入がない
  2. 他社からの借入が多い
  3. 過去に金融事故を起こした

この項目では、審査に落ちる原因について、詳しく解説していきます。

安定した収入がない

SMBCモビットでは「安定した収入があること」が利用の条件とされています。

そのため、安定した収入がないと判断された場合は審査に落ちてしまいます。

具体的には、以下のようなケースが考えられるでしょう。

収入がないと判断されるケース
  1. 無職で、収入が一切ない
  2. 自営業や自由業で、収入が月によってはほとんどない
  3. 勤続年数が極端に短い

上記のシチュエーションに当てはまる方は「安定した収入がない」と判断されて審査に落ちるケースがあるため、安定した収入を証明できるようになってから申し込むといいでしょう。

また、自分自身に収入がない専業主婦の方についても、SMBCモビットを利用できないと明言されています。

他社からの借入が多い

SMBCモビット以外のカードローンからの借入が多い場合も、審査に落ちてしまう可能性があります。

特に、他社からの借入残高とあわせて借入総額が年収の1/3を超えてしまう恐れがある場合は、「総量規制」という制度に抵触してしまうため、融資を受けることはできません。

総量規制とは
貸金業者が提供しているカードローンからの借入は総額で「年収の1/3まで」と定めている制度。「貸金業法」によって規定されている。

SMBCモビットから新たに借入をするには、他社カードローンからの借入を返済し、「総量規制」に抵触する恐れのない状況にする必要があります。

過去に金融事故を起こした

過去に金融事故を起こした経歴がある場合も、審査にかなり落ちやすくなります。

金融事故とは、銀行や消費者金融カードローンなどでお金を借りた場合に、返済を3ヶ月以遅延したり、自己破産や債務整理をおこなうことを指します。

金融事故を起こしたというデータは信用情報機関に一定期間保存され、審査の際に必ず照会されるため、かなり審査に不利になります。

金融事故の経歴がある人は、先に紹介した「仮審査」に通過する可能性が限りなく低くなるため、SMBCモビットを含む大手消費者金融カードローンの利用は非常に難しいと考えていいでしょう。

SMBCモビットの審査に落ちてしまった場合の対処法

SMBCモビットは審査基準を明確に公表していないため、審査に落ちてしまう可能性はゼロではありません。

仮にSMBCモビットの審査に落ちてしまっても、今後2度と申し込めなくなるわけではありません。

しかし、落ちてからすぐに再申し込みをおこなっても、審査結果が変わる可能性はかなり低いため、おすすめしません。

「1度審査に落ちたけど、次の審査に通過してSMBCモビットを利用したい」という方は、次のような対処法を試してみてください。

信用情報が回復してから再度申し込みをする

信用情報に問題があって審査に落ちてしまった方は、問題となる情報の保存期間が終了してから再度申し込む必要があります。

審査に落ちた原因として考えられる情報の保存期間は、以下のようにまとめられます。

信用情報の保存期間
情報の内容 保存期間
申し込み内容 (照会日から6ヶ月以内)
支払いの延滞に関する情報 完済から5年間
自己破産 手続きから5年間

クレジットの延滞など、問題のある信用情報が記録されている方は、上記の表にある期間を空けてから再申し込みするといいでしょう。

また、申し込み情報の保存期間は6ヶ月なので、6ヶ月経過すれば申し込み情報は白紙になり、もう1度同じ条件で審査を受けることができます。

ただし、1度審査に落ちた条件で再度審査を受けても、審査結果が変わる可能性は高くないため、注意が必要です。

収入状況が変わってから申し込みをする

自身の収入状況が変化してから再度申し込むのもおすすめです。

SMBCモビットの審査では、以下のような要素を、返済能力の指標として照会されます。

返済能力の指標
  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態

当然、年収は高い方が、勤続年数は長い方が、パート・アルバイトよりは正社員の方が審査では好意的に見られます。

そのため、例えば「昇進して年収が上がった」「社員登用で正社員になった」などの変化があった時に、再度申し込みをして審査を受けてみるといいでしょう。

落ちてしまった時よりも収入が高くなっていたり、正社員になっていたりすれば、審査結果が変わる可能性があります。

ただし、転職した場合は、勤続年数が短くなってしまうため、場合によっては審査に不利にもなり得ます。

派遣社員や契約社員から正社員になった場合や、収入が上がった場合は勤続年数が短くなっていても問題ありませんが、収入も雇用形態もそのままで、勤続年数が短くなっただけの場合は注意が必要です。

他社からの借入を減らして再度申し込む

他社カードローンからの借入があった場合は、その分の返済を完了するか、なるべく借入残高を減らしておくことでも、次回審査に通過できる可能性が高まります。

他社からの借入がある申込者は、「返済能力が低いのではないか」と考えられ、融資できないと判断される可能性があります。

また、他社からの借入残高とあわせて借入総額が年収の1/3を超えてしまう恐れがある場合は、特に審査が厳しくなります。

なぜなら、貸金業法の総量規制によって「貸金業者が提供しているカードローンが融資できる金額は年収の1/3まで」と定められているからです。

少なくとも、SMBCモビットからの融資を受けても年収の1/3を超える恐れがない水準にまで、他社からの借入を返済しておく必要があります。

もちろん、他社からの借入を完済してから再申し込みすれば、さらに不安を軽減できます。

まとめ

SMBCモビットは、保証会社である三井住友カード株式会社の新規成約率が低くないことから、SMBCモビットの審査は他社と比べて特別厳しいわけではないことが分かります。詳しくはこちら

一方で、SMBCモビットは貸金業法に則って安全に運営されているカードローンなので、審査が甘いということもありません。

また、審査基準は「安定した収入があるか」「信用情報に問題がないか」等のポイントをチェックされています。

他社からの借入もなく、安定した収入がある方はそれほど不安を感じることなく申し込んでもいいでしょう。

SMBCモビットの審査に関するまとめ
  • SMBCモビットの審査は他社と比べて特別厳しくも甘くもない
  • 安定した収入があり、信用情報がない人審査に通過できる可能性が十分にある
  • Web完結・即日で審査を受けられるため、SMBCモビットはおすすめのカードローン

「月末の支払いが厳しい」「飲み会などでお金を使い過ぎてしまった」「期間限定の商品が欲しいけどお金が足りない」という方は、SMBCモビットに申し込んでみてはいかがでしょうか。

【最短30分】ATMでも銀行振込でも借りられる「SMBCモビット」
SMBCモビット

★10秒簡易審査
★Webで完結
★郵便物なし
★保証人不要
★三井住友銀行ATMで手数料無料取引可能!

SMBCモビットに関するよくある質問

Q. SMBCモビットはどんな人におすすめですか?
A.

SMBCモビットは以下の特徴に当てはまる方におすすめのカードローンです。

・安定した収入がある
・初めてカードローンを利用する
・即日でお金を借りたい

最短30分で審査が完了し、融資までおこなってくれるのは大きなメリットです。

「今すぐにお金が必要」「なるべく早くお金を借りたい」という方には特にSMBCモビットがおすすめです。

Q. SMBCモビットの審査は厳しいですか?
A.

以下の条件を満たす方は、SMBCモビットの審査に通過することはそれほど難しくはありません。

・安定した収入がある
・クレジット支払いやローン返済の延滞をしたことがない
・他社カードローンからの借入がない

クレジット支払いやローン返済の延滞をしたことがある方や、他社カードローンからの借入がある方は、やや審査に不安が残るでしょう。

また、他社のカードローンと比較してSMBCモビットが特別審査が厳しいということはなく、成約率も比較的高めです。

詳しくはこちらの項目で解説しています。

Q. SMBCモビットの審査に通過するコツはなんですか?
A.

必ずSMBCモビットの審査に通過するようにするコツは存在しませんが、以下のポイントを押さえて審査に臨むことで不安要素を軽減することができます。

・SMBCモビット1社に絞って申し込みをする
・借入希望額を最低限にしておく
・収入証明書を提出する

Q. SMBCモビットの審査に落ちた時、理由を教えてもらえますか?
A.

SMBCモビットの審査に落ちた場合、審査結果だけが通知されるため、理由を教えてもらうことはできません。

また、「審査落ちの理由を教えてほしい」と言う旨の問い合わせにも対応していないとSMBCモビットが明言しています。

Q. SMBCモビットの審査に落ちた場合はどうすればよいですか?
A.

SMBCモビットの審査に落ちた場合は、以下のような対処法を実践するのがおすすめです。

・信用情報が回復してから再申し込みする
・収入情報が変わってから再申し込みする
・他社からの借入を減らしてから再申し込みする

詳しくはこちらの項目で解説しています。