ORIX MONEYの審査基準とは?審査の流れ・口コミも紹介

ORIX MONEY 審査基準

オリックス・クレジットが提供しているスマホ完結ローン「ORIX MONEY」でお金を借りようとする場合、融資を受けるための審査基準が知りたい人も多いでしょう。

ORIX MONEYでは審査基準を公表していませんが「借りた金額を確実に返済できるか?」を図るため、借入希望額・年収・勤務先などの情報が精査されます。

この記事では「ORIX MONEYでお金を借りたい」という人に向けて、審査で確認される点や審査の流れ、審査に通過できない理由などを解説していきます。

ORIX MONEYの審査に通過した人・落ちた人の口コミも紹介した上で、もしも審査に落ちてしまった場合の対処法もわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

ORIX-MONEY

金利(年) 審査時間 無利息期間 在籍確認 Web完結 郵便物なし
2.9%〜17.8% 最短60分
借入限度額 融資スピード 最低返済額(月々) 担保・保証人 成約率 土日祝日の融資
10万円〜800万円 最短即日 1,000円~ 不要
横スクロールできます→

今すぐ申し込む→

ORIX MONEYの特徴
  • PC・スマホから24時間・365日申込み可能
  • ローンカードを発行する必要なし
  • WEB申込みの場合は最短60分で審査完了

もくじ

ORIX MONEYの審査基準は公表されていない

結論からいうと、ORIX MONEYでは「お金を借りる場合どの程度の収入が必要か?」といった具体的な審査基準を公表していません。

しかし、ORIX MONEYでは「若年層を中心に新たな顧客を開拓する」と報道されているように、新規借入に前向きな方向性で事業を展開しています。

審査基準が公表されていない場合も多いですが、どのカードローンも審査をおこなう目的は同じで、返済能力の有無を確かめるために審査を実施しています。

まずは、ORIX MONEYの成約率や審査で確認される点などを確認していきましょう。

参照:「オリックス、スマホ完結の消費者ローン 残高2000億円へ」(日本経済新聞)

ORIX MONEYの審査で確認される点

キャッシングの審査は具体的な通過基準が公表されていない場合が多いため「なぜ審査に落ちてしまったのかわからない」といった声も少なくありません。

確かにキャッシングの審査基準は公表されていないケースが多いですが、どの金融機関でも似たような審査基準が設けられていると考えられます。

ORIX MONEYの審査では、以下のような点を確認される傾向にあります。

  • 申込み情報が間違っていないか?
  • 返済に充てる安定収入があるか?
  • 勤務先への在籍確認をおこなえるか?
  • 借入総額が年収の1/3を超えないか?
  • 申込者の信用情報に問題がないか?

キャッシングの審査で確認される点を理解した上で申し込めば、審査に通過できる可能性を高められるので、ぜひ把握しておきましょう。

申込み情報が間違っていないか?

ORIX MONEYの審査では「申込み情報が間違っていないか?」を確認されます。

年収・年齢を間違えたり、虚偽の情報で融資を申し込んだ場合、信用できない人物と判断されてしまうため、基本的にORIX MONEYの審査には通過できません。

申込み時に誤った情報を申告してしまうと、審査に通過することが難しくなるため、他社借入・年収などの情報は正確に申告することをおすすめします。

ORIX MONEYでWeb申込みをおこなう際は入力ミス・入力漏れがないように、何度も入力内容を確認してから申込み情報を送信するようにしましょう。

返済に充てる安定収入があるか?

ORIX MONEYの審査では「返済に充てる安定収入があるか?」を確認されます。

ORIX MONEYで融資を受ける場合、月1回のペースで返済を繰り返していくため、毎月安定した収入があれば、返済が滞りにくいとして審査で高い評価を得やすくなります。

逆に、収入が不定期に得られる人や毎月の収入にバラつきがある人は、返済が滞ってしまうリスクが高いと扱われるため、審査では低く評価されてしまいます。

例えば、フリーランスと正社員で比べた場合、正社員のほうが審査に通りやすいです。

  • 不定期に高い報酬が得られるフリーランス
  • 一定の給料を毎月もらっている正社員

もちろん、収入が少ない場合は借入限度額が小さくなりますが、審査に通過するだけであれば、少額でも毎月安定収入がある人のほうが融資を受けやすい傾向にあります。

勤務先への在籍確認をおこなえるか?

ORIX MONEYの審査では「勤務先への在籍確認がおこなえるか?」も確認されます。

なぜなら、ORIX MONEYを提供しているオリックス・クレジットでは「申込者に安定収入があるか?」をチェックする材料として、勤務先も重視しているからです。

申込者の勤務先は返済能力を判断するうえで重要な情報とされており、会社の規模・勤務形態・勤続年数・年収といった情報も確認されます。

勤務形態に関しては正社員のほうが審査において有利で、非正規雇用のパート・アルバイトや収入がない専業主婦(主夫)は審査において不利になる傾向にあります。

しかし、申込者の収入や借入金額によっては、パート・アルバイトといった非正規雇用でもORIX MONEYの審査に通る可能性はあるのでご安心ください。

参照:「カードローンは必ず審査がある!審査の手順や流れ、通らない要因を解説」(オリックス・クレジット)

借入総額が年収の1/3を超えないか?

ORIX MONEYの審査では「借入総額が年収の1/3を超えないか?」も確認されます。

なぜなら、貸金業法の総量規制というルールで「貸金業者は申込者に対して、年収の1/3を超える金額を貸付できない」と定められているためです。

貸金業法における総量規制では、ORIX MONEYだけでなく他の消費者金融からの借入やクレジットカードのキャッシングなどを合算した額が対象となります。

例えば、年収600万円の人は借入総額200万円まで融資が受けられますが、既に他社借入が150万円ある場合、ORIX MONEYでは50万円までしかお金を借りられない仕組みです。

そのため、ORIX MONEYの審査に通過したい場合、他社借入も含めた借入総額が年収の1/3に収まるように借入希望額を設定するようにしましょう。

もしも、総量規制のせいでORIX MONEYの融資が受けられない場合、他社借入の返済を済ませるか「ORIX MONEYおまとめローン」を利用してください。

参照:「ORIX MONEYおまとめローン」(オリックス・クレジット)

申込者の信用情報に問題がないか?

ORIX MONEYの審査では「申込者の信用情報に問題がないか?」も確認されます。

信用情報とは、カードローンやクレジットカードなどを利用した際の取引情報が記録されている電子履歴のことです。

以下のような場合、信用情報に問題があるとして、ORIX MONEYの審査に通過できる可能性が低下してしまいます。

  • 借金返済を61日以上または3ヶ月以上滞納した
  • 利用者の借金を保証会社が代位弁済した
  • 債務整理をおこなうことで借金を減額した

信用情報に問題があるということは「返済期日までに借金を返済ができなかった」という証明でもあるため、審査では返済能力が欠如していると判断されてしまうからです。

逆にいうと、過去にカードローン・クレジットカードなどで滞納を起こさずに返済していたデータが信用情報に記録されていれば、審査で有利に働くケースもあります。

「自分の信用情報がどうなっているのか?」を知りたい場合、以下の信用情報機関に開示請求をおこなうとよいでしょう。

信用情報機関 取扱う情報
株式会社シー・アイ・シー(CIC) クレジットカード・携帯料金などの情報
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融カードローンなどの情報
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行ローンなどの情報

ORIX MONEYの成約率は非公表

ORIX MONEYでは、キャッシングに申し込んだ人のうち、審査に通過して融資が受けられた人の割合である「約定率」を公表していません。

しかし、消費者金融カードローンの成約率にも相場があり「特定のカードローンだけ約定率が著しく高い」といったことはありません。

例えば、ORIX MONEY以外の消費者金融カードローンの成約率は以下のとおりです。

消費者金融 審査通過率
(2022年6月)
アコム 38.4%(※1)
プロミス 36.3%(※2)
SMBCモビット 36.3%(※2)
レイクALSA 34.9%(※3)
アイフル 29.8%(※4)

(※1)参照:「マンスリーレポート」(アコム)
(※2)参照:「月次データ」(SMBCコンシューマーファイナンス)
(※3)参照:「四半期決算情報」(新生銀行)
(※4)参照:「月次データ」(アイフル株式会社)

他社カードローンのデータを見る限り、多くのカードローンは約定率が30〜40%程度であるため、ORIX MONEYの成約率もこれに近い数値であると考えられます。

つまり、ORIX MONEYに融資を申し込む場合は「5人中2人程度の割合で審査に通過できる」と考えておくと良いでしょう。

ORIX MONEYの審査を受けた人の口コミ・評判

ORIX MONEYでお金を借りたい人にとって「どうすれば審査に通過できるか?」という点がもっとも気になると思います。

結論からいうと、ORIX MONEYでは審査基準を公表していないため「どうすれば審査に通過できるか?」という明確な方法は確立されていません。

とはいえ、ORIX MONEYの審査に通過して、実際に融資を受けている人もいるので、審査に通過した人の傾向を把握しておけば、審査通過率を上げられる可能性があります。

この項目では、ORIX MONEYの審査に通った人・審査に落ちた人の口コミをそれぞれ確認しながら、審査に通過するコツを探っていきましょう。

ORIX MONEYの審査に通った人の口コミ

ORIX MONEYの審査に通った人の口コミは、以下のとおりです。

WEBサイトから申し込んだ後、すぐに勤務先へ電話がかかってきたが、在籍確認を無事にクリアできたので、1時間程度でお金を借りられた。
週5日フルタイムで1年以上働いているおかげか、正社員ではないアルバイトでも審査に通過できた。
借入希望額を年収の1/3よりも低めに設定したおかげか、問題なく審査をクリアして即日融資が受けられました。

ORIX MONEYの審査に通過するためには、勤務先への電話連絡を受け取れるようにして、在籍確認をクリアすることが必須となります。

勤続年数が長ければ「現在の仕事を辞める可能性が低い」と判断されるため、アルバイトでもORIX MONEYの審査に通過できるケースもあるようです。

法律上、借入総額が年収の1/3を超えない限りは融資を受けられる仕組みですが、確実に審査に通過したい場合は借入希望額を少なめに設定した方がよいでしょう。

ORIX MONEYの審査に落ちた人の口コミ

ORIX MONEYの審査に落ちた人の口コミは、以下のとおりです。

クレジットカードを結構使っていたせいでしょうか、ORIX MONEYの審査に通過できませんでした。
転職して日が浅いせいか審査に通過できませんでしたが、すぐに審査結果が送られてきた点はよかったと思います。
過去に別のカードローンで借金を滞納してしまったせいか、ORIX MONEYの審査に落とされてしまいました。

借入総額が年収の1/3を超えてしまうと総量規制に抵触してしまうため、他社借入がある場合は借入希望額を低めに設定しないと審査に通過しにくいです。

勤続年数が短いと「現在の仕事を辞める可能性が高い」と判断されてしまい、安定収入が続かないリスクがあるとして、審査に通りにくい傾向にあります。

加えて、過去に金融事故を起こした経験があると、5~10年間は信用情報に事故情報が登録されてしまうため、審査に落とされてしまう可能性が高いです。

ORIX MONEYの審査が実施される流れ

ORIX MONEYに融資を申し込むと「この人にお金を貸しても問題ないか?」を判断するために、以下3段階の流れで審査が実施されます。

STEP.1
機械による仮審査
審査にかかる時間は最短60分
STEP.2
人の手による本審査
本人確認書類などの必要書類を確認
STEP.3
勤務先への在籍確認
勤務先への電話連絡がおこなわれる

WEB申込みの場合は最短60分で審査完了する上、ローンカードを発行せずに融資が受けられるので、スマホさえあれば即日融資が受けられます。

ただし、夜間に申し込んだ場合は審査結果の連絡が翌日となるケースや、事情によっては審査結果が出るまでに数日かかるケースもあるため注意が必要です。

ORIX MONEYにおける審査の流れを1つずつ見ていきましょう。

参照:「審査には、どのくらい時間がかかりますか?」(オリックス・クレジット)

1.機械による仮審査

仮審査とは、申込みフォームに入力された個人情報をもとにして、機械がおこなう審査のことで、スコアリング審査とも呼ばれます。

仮審査では、以下のような申込者の属性を数値化して「申込者の年収・勤続年数などが一定条件を満たしているか?」を機械が判断しています。

  • 申込者の年収
  • 勤続歴
  • 家族構成
  • 持ち家の有無

この仮審査の段階では、JICC・CICといった信用情報機関への情報照会がおこなわれて、過去~現在までの金融商品の返済状況が確認されます。

そのため、以下のような事故情報が信用情報に登録されている場合、ORIX MONEYの仮審査に通過できる可能性が下がってしまいます。

  • 借金を3ヶ月以上滞納したことがある
  • 借金の債務整理をおこなったことがある
  • 借金滞納が続いて金融商品を強制解約された

2.人の手による本審査

本審査とは、仮審査後におこなわれる人間によるマニュアル審査のことで「申込み時に申告した情報が本人確認書類と合致しているか?」といった点が確認されます。

仮審査に通過した時点で、申込者の審査通過率はおおよそ決まっていますが、主に本審査では申込者が申告した情報の真偽を確かめる目的で確認作業が進められます。

そのため、申込み時に申告した情報が本人確認書類と異なる場合や収入証明書が必要にも関わらず提出できなかった場合など、本審査に通過できないため注意しましょう。

3.勤務先への在籍確認

在籍確認とは、申込者がもつ返済能力を確かめるため、申込時に申告した勤務先にORIX MONEYが電話をおこない、その勤務先で申込者が働いていることを確認する作業です。

申込時に申告した勤務先で働いている事実が確認できれば、一定額の安定収入があることがわかるため、カードローンの返済能力があると判断する材料になります。

ちなみに在籍確認をおこなう場合、ORIX MONEYの会社名ではなく非通知の個人名で連絡するため、借金をしている事実を周囲に知られる可能性は低いのでご安心ください。

ORIX MONEYの申込み方法

ORIX-MONEY

金利(年) 審査時間 無利息期間 在籍確認 Web完結 郵便物なし
2.9%〜17.8% 最短60分
借入限度額 融資スピード 最低返済額(月々) 担保・保証人 成約率 土日祝日の融資
10万円〜800万円 最短即日 1,000円~ 不要
横スクロールできます→

今すぐ申し込む→

ORIX MONEYでは、24時間365日インターネットからの融資を受け付けており、わざわざ店頭に出向くことなく、スマホやパソコンで手軽に申込みできます。

ORIX MONEYに融資を申し込む方法は以下4ステップです。

STEP.1
ORIX MONEY24時間365日申込み可能
STEP.2
メールで審査結果が届く
審査対応時間は9:00~17:00
STEP.3
必要書類を提出する
メールに記載されたURLから提出可能
STEP.4
公式アプリから借入・返済できる

公式サイトから必要情報を入力した後、最短60分で審査結果のメールが届くので、審査に通過した場合のみ必要書類を提出して、契約を完了すれば即日融資が受けられます。

ORIX MONEYの申込み方法について、実際の手順通りに解説していきます。

1.公式サイトから申込む

まずは、ORIX MONEYの公式サイトから融資を申し込みましょう。

ORIX MONEY申込みフォーム

具体的には、利用規約に同意した後、以下の必要情報を入力します。

種類 情報
本人情報 名前
生年月日
性別
家族構成
子供の人数
最終学歴
健康保険証の種類
自宅の住所
電話番号(携帯電話)
電話番号(自宅)
住居形態
居住年数
家賃または住宅ローンの金額
勤務先情報 出向先(派遣先)の有無
勤務先の名前
勤務先の住所
勤務先の電話番号
勤務先の業種
勤務先の従業員数
勤務先の形態
勤務先の勤続年数
雇用形態
役職
職種
収入形態
年収(税込)
申込情報 借入希望額
毎月の返済日
資金使途
利用中のローンの有無(住宅ローン除く)
メールアドレス

必要情報の入力にかかる時間は約10分程度で、最後に入力内容を確認した後、送信ボタンを押してORIX MONEYに必要情報を送信すればOKです。

スマホ・パソコンから24時間365日いつでも申込み可能なので、ORIX MONEYでお金を借りたい人は気軽に申し込んでみるとよいでしょう。

2.メールで審査結果が届く

公式サイトから申し込んだ後、最短60分で審査結果のメールが届きます。

具体的には、申込者が入力した必要情報に基づいて、ORIX MONEY側で入会審査を実施した後、指定したメールアドレスに審査結果が届きます。

ちなみにORIX MONEY側の入会審査に通過した場合、審査結果のメールが届く前の段階で勤務先への在籍確認も同時におこなわれます。

ORIX MONEY側の審査条件を満たした上で在籍確認もクリアすると、融資を認める旨が記載されたメールが届くので、その指示に従って契約手続きを始めましょう。

3.必要書類を提出する

ORIX MONEYの審査に通過した場合、必要書類を提出しましょう。

具体的には、ORIX MONEYから届く審査結果のメールに提出フォームのURLが記載されているので、そのページへアクセスして必要書類をアップロードする形になります。

以下の本人確認書類2点または本人確認書類1点+補完書類1点を提出しましょう。

種類 具体例
本人確認書類 運転免許証
マイナンバーカード
健康保険証
パスポート
住民票(発行から6ヶ月以内)
在留カードまたは特別永住者証明書
補完書類 公共料金の領収証書または納税証明書

ちなみにORIX MONEYの借入希望額が50万円を超える場合・他社も含めた借入総額が100万円を超える場合、以下の収入証明書も提出する必要があります。

種類 具体例
収入証明書 源泉徴収票
給与明細書
課税証明書
確定申告書

4.公式アプリをダウンロードする

最後にORIX MONEYの公式アプリをダウンロードしましょう。

ORIX MONEYはローンカードを発行する必要がなく、公式アプリや公式サイトから「メンバーズネットカウンター」にログインすることで、手軽に借入・返済ができます。

ORIX MONEYの振込サービスは24時間対応で、借入したお金は銀行振込で受け取ったり、セブン銀行ATMから引き出すことが可能です。

会員登録のメールが届いた後、ID・パスワード・暗証番号を設定すれば、契約が完了するので、公式アプリ・公式サイトにログインして振込申請をおこないましょう。

ORIX MONEYの審査に通過したい人へのアドバイス

ORIX MONEYで融資を受けたい場合は「どうすれば審査に通過できるのか?」という点がもっとも気になるのではないでしょうか。

ORIX MONEYの審査に通過したい人は、以下の方法を試してみるとよいでしょう。

  • 借入希望額を低めに設定する
  • 他社カードローンと一緒に申込みしない
  • 勤続年数が短い人は数ヶ月待ってから申込む
  • 事故情報がある人は5年以上待ってから申込む

借入希望額を低めに設定したり、他社カードローンと一緒に申込みしないようにしたり、数ヶ月〜5年以上待ってから申し込むことで、審査に通過できる可能性を高められます。

それぞれの方法を1つずつ解説していきます。

借入希望額を低めに設定する

審査に通過したいのであれば、借入希望額を低めに設定するとよいでしょう。

なぜなら、年収に対して借入希望額が高額すぎる場合、貸し倒れのリスクが高いと判断されてしまうため、審査に通過できる可能性が下がってしまうからです。

審査に通過するための最低条件として、ORIX MONEYも含めた借入総額が年収の1/3よりも少なくなるように借入希望額を設定する必要があります。

しかし、返済が滞るリスクも考えて、総量規制の上限額よりも低めの融資額が設定されるケースが一般的なので、本当に必要な金額だけを借りるようにしましょう。

ORIX MONEYの審査に通過したい場合、以下5種類のコースから自分の年収に見合う契約枠を選択して、借入希望額を設定することをおすすめします。

契約枠 金利(年率)
800万円・700万円・600万円 2.9%~6.0%
500万円・400万円 5.0%~8.0%
300万円・200万円 5.3%~12.5%
100万円 10.0%~14.5%
50万円 12.0%~17.8%

借入限度額は後から増額することも可能なので、どうしてもORIX MONEYの審査に通過したい場合は借入希望額を低めに設定して申し込むようにしましょう。

他社カードローンと一緒に申込みしない

審査に通過したい場合、他社カードローンと一緒に申込みしないようにしましょう。

審査に落ちることが不安な人やどうしてもお金を借りたい人の場合、審査に落ちた際の保険として、一度に複数のカードローンへ融資を申し込むケースも少なくありません。

しかし、一度に複数のカードローンへ融資を申し込んだ事実は信用情報機関を通して、ORIX MONEYをはじめとする申込み先の金融機関に伝わってしまいます。

すると「短期間に複数のカードローンへ融資を申し込むほど、お金に困っている人」と判断されてしまい、返済能力に不安があるとして、審査に通過しにくい傾向にあります。

ORIX MONEYの審査に通過したい場合、一度に3社以上の貸金業者へ融資を申し込むことは避けて、別の貸金業者に申し込む際は期間を3ヶ月は空けるようにしましょう。

勤続年数が短い人は数ヶ月待ってから申込む

勤続年数が短い場合、6ヶ月〜1年程度は経過してから申し込むとよいでしょう。

勤続年数が短いほど「今の仕事を辞めるかもしれない」と不安に思われてしまうため、ORIX MONEYの審査に通過できる可能性は低くなります。

その反対に、勤続年数が長いほど失業するリスクが低いと扱われるため、契約社員・アルバイト・パートの場合でも、勤続年数が長いほうが審査に通過しやすい傾向にあります。

ですので、ORIX MONEYの審査に通過したい場合は、就職・転職してから最低でも6ヶ月〜1年ほど経過した後で融資を申し込むようにしましょう。

事故情報がある人は5年以上待ってから申込む

債務整理などの事故情報がある場合、5〜10年ほど待ってから申し込みましょう。

各種ローンやクレジットカードの支払いを滞納したり、債務整理で借金を減額した場合、その事実が事故情報として5〜10年間は信用情報に記録されてしまいます。

すると、事故情報を知った貸金業者は「自社でも金融事故を起こすのではないか?」と不安に感じるため、カードローンやクレジットカードの審査に通過しづらくなるのです。

債務整理や金融事故を起こした事実は永遠に残るわけではなく、5〜10年経過すれば信用情報から消えるので、それを待ってから融資を申し込むようにしましょう。

ORIX MONEYの審査に通過できない理由

ORIX MONEYの審査に通過できなかった人のなかには「なぜ審査に通過できなかったのか?」がわからずに困っている人もいるのではないでしょうか。

ORIX MONEYの審査に通過できない場合、以下のような理由が考えられます。

  • 定期的な安定収入がない
  • 他社からの借入が多い
  • 在籍確認が取れなかった
  • 申込み情報に誤りがあった
  • 過去に金融事故を起こした

安定収入がない場合や他社借入が多い場合、在籍確認が取れない場合や申込み情報に誤りがある場合など、ORIX MONEYの審査に通過できない可能性が高いです。

それぞれの理由について、1つずつ解説していきます。

定期的な安定収入がない

1つ目のケースは、借金返済に充てる定期的な安定収入がない場合です。

ORIX MONEYは保証人や担保がなくても融資を受けられる反面、契約者本人が返済をおこなう必要があるため、毎月の返済に充てる安定収入の有無が重要視されます。

安定収入のない無職・失業中の人は基本的に審査に通りませんが、専業主婦・年金受給者なども定期的な安定収入があるとは言えないため、審査に通りにくいとされています。

アルバイト・派遣社員・契約社員などの場合、正社員に比べると収入が不安定ですが、定期的に一定額の収入を得られていれば、審査に通過できる可能性があるのでご安心ください。

安定した収入の例

不安定な収入の例

他社からの借入が多い

2つ目のケースは、ORIX MONEY以外の他社借入が多い場合です。

先述したとおり、ORIX MONEYは総量規制の対象となるため、他社借入も含めた借入総額が年収の1/3を超えてしまう場合、融資が受けられません。

総量規制とは

ORIX MONEY以外の他社借入がある人は「ORIX MONEYも含めた借入総額が年収の1/3を超えないか?」を確認してから融資を申し込むことをおすすめします。

もしも、借入総額が年収の1/3を超えてしまう場合は「ORIX MONEYおまとめローン」という商品を利用して、他社借入をORIX MONEYに一本化するとよいでしょう。

在籍確認が取れなかった

3つ目のケースは、審査における在籍確認が取れなかった場合です。

在籍確認とは「申込み時に申告した勤務先で申込者が働いているのか?」ということを、貸金業者が確認する作業で、基本的に電話でおこなわれます。

ORIX MONEYの審査でも「申込者には本当に安定収入があるのか?」を確かめる目的で、勤務先へ電話をかける形での在籍確認が実施されます。

ORIX MONEYからの電話に出れずに在籍確認が取れないと、申込者に安定収入があることを証明できず、返済能力を証明できないため審査に通過できません。

ちなみにORIX MONEYの在籍確認はオペレーターの個人名で電話をかけるため、融資を受けようとしている事実が勤務先に知られる心配はないのでご安心ください。

参照:「契約するまでに、勤務先へ連絡がきますか?」(オリックス・クレジット)

申込み情報に誤りがあった

4つ目のケースは、申込み時に入力した情報に誤りがあった場合です。

ORIX MONEYに申し込む際は、正しい情報を入力する必要があるため、誤った情報で申告してしまうと、審査に通過できません。

正しい情報で申し込まないと審査に通過できないので「入力フォームに記入漏れや間違いがないか?」を確認してから送信してください。

ちなみに、ORIX MONEYの審査に通過しようと考えて、申込み時に虚偽の内容を申告する人もいますが、後に必ず発覚してしまうので絶対にやめましょう。

過去に金融事故を起こした

5つ目のケースは、過去に金融事故を起こした場合です。

金融事故とは、カードローンやクレジットカードなどの金融商品を利用した際、支払いを長期間滞納したり、債務整理をおこない借金を減額することです。

過去に金融事故を起こした場合、その事実が信用情報に5〜10年間は記録されるため「自社でも金融事故を起こすのではないか?」と疑われてしまい、審査に通過できません。

また、以下のようなオリックスクレジットのサービスで金融事故を起こした経験があると、信用情報に問題がない場合でもORIX MONEYの審査に通過しにくいです。

  • オリックス・クレジット融資サービス
  • VIPローンカード
  • VIPローンカードBUSINESS
  • VIPフリーローン
  • オリックスフラット35
  • オリックスフラット35S

なぜなら、信用情報機関とは別にオリックスクレジットが自社で顧客データを管理しているため、過去に金融事故を起こした事実が知られているからです。

過去にオリックスクレジットのサービスで金融事故を起こしている場合、ORIX MONEYの審査に通過することは難しいので、他社カードローンの利用を検討しましょう。

ORIX MONEYの審査に落ちた場合の対処法

ORIX MONEYの審査に一度落ちたとしても、再び融資を申し込めば審査に通過できる可能性もあるので、審査に落ちても諦めないことが大切です。

ORIX MONEYの審査に落ちた場合、以下の対処法を実践するとよいでしょう。

  • 6ヶ月以上経過してから申込む
  • 収入を増やしてから申込む
  • 他社借入を減らしてから申込む

信用情報が回復するまで6ヶ月以上待ってから申し込むか、収入を増やしたり他社借入を減らしてから再度申し込むことをおすすめします。

それぞれの対処法を1つずつ解説していきます。

6ヶ月以上経過してから申込む

1つ目の対処法は、6ヶ月以上経過してから再び融資を申し込むことです。

ORIX MONEYの審査に落ちる理由として、信用情報に事故情報が記録されているせいで「返済能力に乏しい人物である」と判断されてしまう場合があります。

信用情報の回復にかかる期間は、以下のとおり6ヶ月〜10年程度です。

事故情報 消えるまでの期間
審査に落ちた 6ヶ月間
長期延滞・任意整理 5年間
自己破産・個人再生 最長10年間

ORIX MONEYに融資を申し込んで審査に落ちた場合、その事実は信用情報に6ヶ月間は登録されます。

審査に落ちた事実が信用情報に残っていると、再びORIX MONEYに融資を申し込んでも、審査に通過できる可能性は低いです。

ですので、ORIX MONEYの審査に落ちてしまった場合、6ヶ月以上は期間を空けてから再び申し込むようにしましょう。

収入を増やしてから申込む

2つ目の対処法は、収入を増やしてから再び融資を申し込むことです。

先述したとおり、貸金業法の総量規制というルールによって、ORIX MONEYは借入総額が年収の1/3を超える形での融資がおこなえません。

また、収入が少ない・勤続年数が短いといった理由から「返済能力に乏しい人物である」と判断されて、ORIX MONEYの審査に落とされてしまうケースもあります。

そのため、総量規制を回避できるレベルまで収入を増やしたり、6ヶ月〜1年程度は勤続年数を積んでから、ORIX MONEYに再び融資を申し込むとよいでしょう。

他社借入を減らしてから申込む

3つ目の対処法は、他社借入を減らしてから再び融資を申し込むことです。

貸金業法の総量規制というルールが存在するため、借入総額が年収の1/3を超える場合、ORIX MONEYでの融資が受けられません。

借入総額が年収の1/3を超えないように他社借入を減らせば、総量規制を回避できるため、ORIX MONEYに再び融資を申し込んだ際の審査通過率がアップします。

他社借入を減らすには、毎月の返済額とは別に繰り上げ返済をおこなったり「ORIX MONEYおまとめローン」で他社借入をORIX MONEYに一本化するとよいでしょう。

ORIX MONEYの審査結果がこない理由

ORIX MONEYの審査は最短60分で終わりますが、場合によってはそれ以上に時間がかかってしまうケースもあるため注意しましょう。

以下のような理由があると、ORIX MONEYでは審査に時間がかかる傾向にあります。

  • 遅い時間帯などに申込みをした
  • 慎重に審査がおこなわれている
  • 何らかの理由でメールが届いていない

遅い時間帯・混雑している時間帯に申込みした場合や、借入希望額が高額なため慎重に審査が実施される場合、迷惑メール設定が原因でメールが届かない場合などです。

それぞれの理由について、1つずつ見ていきましょう。

遅い時間帯などに申込みをした

1つ目のケースは、夜遅い時間帯などに申込みした場合です。

ORIX MONEYの審査対応時間は平日・土日祝日の9:00~17:00です。

そのため、17:00以降に申込みした場合はすぐに審査を実施してもらえないため、審査結果が届くまでに時間がかかってしまう傾向にあります。

ORIX MONEYの審査は最短でも60分かかるので、申込み当日に融資を受けたい場合は遅くても16:00までに申し込むようにしましょう。

慎重に審査がおこなわれている

2つ目のケースは、慎重に審査が実施されている場合です。

例えば、収入が少ない・他社借入が多いといった理由から、ORIX MONEYの融資を受けると総量規制に抵触する恐れがある場合、通常より慎重に審査がおこなわれます。

また、借入希望額が50万円を超える場合や他社も含めた借入総額が100万円を超える場合、収入証明書の提出が必要となるので、審査に時間がかかってしまいます。

他にも、申込み時に申告した勤務先への在籍確認が取れないため、審査を進められずに審査結果が届かないケースも珍しくありません。

スムーズに審査を通過したい人は、先述した「ORIX MONEYの審査に通過したい人へのアドバイス」を実践するとよいでしょう。

何らかの理由でメールが届いていない

3つ目のケースは、何らかの理由でメールが届いていない場合です。

近年では、迷惑メールが届かないようにするフィルタリング機能を設けている場合も多いため、ORIX MONEYからのメールが届かないケースも少なくありません。

迷惑メール設定のせいでメールが届かない事態を避けるには、ORIX MONEYへ申し込む際にメール設定を確認しておくことをおすすめします。

また、数日間待っても審査結果のメールが届かない場合はORIX MONEYに電話をして、審査状況を確認したほうがよいでしょう。

「ORIX MONEY」お申し込みに関するお問い合わせ
0120-30-3329

・対応時間:9:00~19:00(平日)
・対応時間:9:00~18:00(土日祝日)
「ORIX MONEYおまとめローン」お申し込みに関するお問い合わせ
0120-20-8774

・対応時間:9:00~19:00(平日)
・対応時間:9:00~18:00(土日祝日)

参照:「サービス/サポートに関するお問い合わせ窓口」(オリックス・クレジット)

まとめ

ORIX MONEYの審査基準は公表されていませんが「借りた金額を確実に返済できるか?」を図るため、借入希望額・年収・勤務先などの情報で審査をおこないます。

そのため、借入希望額が少ない・年収が多い・正社員である・勤続年数が長いなどの属性をもつ人であれば、ORIX MONEYの審査に通過できる可能性が高いです。

もしも、ORIX MONEYの審査に落ちてしまった場合、事故情報が消えるまで待つ・収入を増やす・他社借入を減らすといった対策を施すことで審査通過率を高められます。

店舗に出向かなくても、スマホ・PCから24時間365日いつでも融資を申し込めるので、ORIX MONEYでお金を借りたい人は公式サイトをチェックしてみるとよいでしょう。

ORIX MONEYの審査に関するよくある質問

Q. ORIX MONEYの審査基準は何ですか?
A.

ORIX MONEYの審査基準は公表されていませんが、他社カードローン同様に借入希望額・年収・勤務形態・勤続年数などの情報が確認されると考えられます。

Q. ORIX MONEYの審査ではどのような点が確認されますか?
A.

「申込み情報が間違っていないか?」「返済に充てる安定収入があるか?」「勤務先への在籍確認をおこなえるか?」「借入総額が年収の1/3を超えないか?」「申込者の信用情報に問題がないか?」といった点が確認されます。

Q. ORIX MONEYの審査に通過するには、どうすればよいですか?
A.

借入希望額を低めに設定する・他社カードローンと一緒に申込みしない・勤続年数が短い人は数ヶ月待ってから申込む・事故情報がある人は5年以上待ってから申込むといった方法を実践するとよいでしょう。

Q. ORIX MONEYの審査に通過できない理由は何ですか?
A.

定期的な安定収入がない・他社借入が多い・在籍確認が取れなかった・申込み情報に誤りがあった・過去に金融事故を起こしたといった原因が考えられます。

Q. ORIX MONEYの審査に落ちた場合、どのように対処すればよいですか?
A.

6ヶ月以上経過してから申込む・収入を増やしてから申込む・他社借入を減らしてから申込むといった対処法を実践するとよいでしょう。