1・2・3万円を借りるには?少額融資なら消費者金融カードローンがおすすめ

1・2・3万円借りる

公共料金や各種支払いなどでお金が足りない場合、1〜3万円程度だけの少額融資を受けたい人も多いのでしょうか。

お金を借りる場合はさまざまな方法がありますが、1〜3万円程度の少額融資であれば、無利息期間も用意されている「消費者金融カードローン」がおすすめです。

この記事では、1〜3万円程度の少額融資を受ける際に最適な消費者金融カードローンを6つ紹介します。

また、金融機関などから融資を受けられない際に、1〜3万円を調達するための対処法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1・2・3万円だけ借りるなら消費者金融カードローンがベスト

1〜3万円程度の少額融資を受けたい場合は「消費者金融カードローン」を利用することをおすすめします。

消費者金融カードローンが少額融資に適している理由は以下のとおりです。

  • 最短即日で融資が受けられる
  • 無利息で借りられる場合が多い
  • 審査に通過しやすい

消費者金融カードローンは融資スピードが早く、無利息期間を実施している場合も多いほか、審査に比較的通過しやすい点も嬉しいポイントです。

消費者金融カードローンのメリットを1つずつ見ていきましょう。

最短即日で融資が受けられる

銀行カードローンの場合は審査が厳しい傾向にあるため、申込みから融資を受けるまで最短でも1日はかかってしまうケースが多いです。

一方、消費者金融カードローンでは、多くの場合で即日融資に対応しており、申込みから30〜60分程度で融資が受けられます。

消費者金融カードローンであれば、即日融資が受けられるので、明日までに1〜3万円が必要といった場合でも安心して利用できます。

ちなみに消費者金融カードローンで即日融資を受けたい場合、必要書類を簡単に提出できて、審査に時間のかからないWEB申込みがおすすめです。

無利息で借りられる場合が多い

多くの消費者金融カードローンでは利息の発生しない無利息期間が設けられています。

大抵の場合、消費者金融カードローンの無利息期間は30〜180日に設定されており、期間内に借金を完済すれば、利息が一切かかりません。

100万円のような大金であれば、無利息期間内に完済することは難しいですが、1〜3万円程度の少額であれば、無利息期間内での完済が見込めるでしょう。

返済に時間がかかる場合は金利の低い銀行カードローンのほうがお得ですが、短期間で完済できる場合は無利息期間のある消費者金融カードローンがおすすめです。

審査に通過しやすい

例えば、100万円を借入する場合は収入証明などが必要になるため、審査が厳しくなる傾向にありますが、1〜3万円程度の借入であれば比較的審査に通過しやすいです。

一般的に消費者金融カードローンは、利用限度額50万円までなら運転免許証といった身分証明書を提出するだけで本人確認が完了します。

給料明細書・源泉徴収票などの収入証明書が必要になるのは、借入希望額が50万円を超える場合や他社借入と借入希望額の合計が100万円を超える場合のみです。

初めて消費者金融カードローンで1〜3万円を借りるようなケースであれば、収入証明書を提出しなくても、容易に審査を通過できる可能性が高いのでご安心ください。

最短即日で借りられる「消費者金融カードローン」

1〜3万円程度の少額融資の場合、無利息期間を設けており、融資スピードも速い消費者金融カードローンがおすすめです。

最短即日で1〜3万円を借りられる消費者金融カードローンは以下のとおりです。

上記の消費者金融カードローンであれば、最短即日で融資が受けられるため、明日までに1〜3万円が必要な場合など、急いでいるときでも安心して利用できます。

それぞれのカードローンについて見ていきましょう。

アコム

アコム
金利(年) 審査時間 無利息期間 在籍確認 Web完結 郵便物なし
3.0%~18.0% 最短30分 30日 -
借入限度額 融資スピード 最低返済額(月々) 担保・保証人 成約率 土日祝日の融資
最大800万円 最短30分 借入金額の1.5%以上~ 不要 41.50%
※18,19歳の方は収入証明書の提出が必須です。
横スクロールできます→

TVCMでよく知られる「アコム」は、利用者数が業界トップクラスに多いだけでなく、審査通過率も高いため、初めてカードローンを利用する人におすすめです。

2022年3月末の時点で、アコムには151万人を超える利用者がおり、消費者金融カードローンのなかでは利用者数が1番多いので安心感があります。

土日・祝日でも即日融資に対応しているため、受付時間である9~21時の間に申し込めば、最速60分以内に1〜3万円に借入できる可能性が高いです。

30日間の無利息期間も用意されており、期間内に完済すれば利息も一切かからないので、初めてカードローンを利用する人におすすめです。

プロミス

プロミス
金利(年) 審査時間 無利息期間 在籍確認 Web完結 郵便物なし
4.5%~17.8% ※最短15秒事前審査 30日 -
借入限度額 融資スピード 最低返済額(月々) 担保・保証人 成約率 土日祝日の融資
最大500万円 最短30分 1,000円~ 不要 39.60%
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。 ※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。 横スクロールできます→

「プロミス」は上限金利が消費者金融カードローンのなかでも1番低く、他社よりも0.2%低く設定されているため、利息を抑えて借入可能です。

申込み〜融資までの時間を最短30分としているため、消費者金融カードローンのなかでも融資スピードが速い部類に入ります。

スマートフォン・パソコン・プロミスATM・三井住友銀行ATMを利用すれば、キャッシング手数料を負担せずに借入・返済が可能です。

ちなみにプロミスに申し込む場合、スマホで撮影するだけで必要書類の提出をおこなえる上、ローンカードを発行する必要もないWEB申込みがおすすめです。

アイフル

アイフル
金利(年) 審査時間 無利息期間 在籍確認 Web完結 郵便物なし
3.0%~18.0% -初めての方なら30日
借入限度額 融資スピード 最低返済額(月々) 担保・保証人 成約率 土日祝日の融資
最大800万円 web申し込みなら最短25分 4,000円~ 不要 32.00%
横スクロールできます→

「アイフル」は最短25分の即日融資に対応しており、消費者金融カードローンのなかでも最速クラスの融資スピードを誇ります。

24時間365日いつでもWEB申込みを受け付けている上、フリーダイヤルへ電話連絡をおこなえば、優先的に審査を進めてもらえるので審査時間を短縮できます。

スマホアプリをインストールすれば、ローンカードを発行せずに全国のセブン銀行・ローソン銀行ATMですぐに借入可能です。

24時間365日いつでも融資の申込みを受け付けているので、明日までに1〜3万円を用意したい人はアイフルへ融資を申し込むとよいでしょう。

レイクALSA

レイクALSA
金利(年) 審査時間 無利息期間 在籍確認 Web完結 郵便物なし
4.5%~18.0% 最短15秒 60日間(5万円までなら180日間) -
借入限度額 融資スピード 最低返済額(月々) 担保・保証人 成約率 土日祝日の融資
最大500万円 最短60分 4,000円~ 不要 35.20%

「レイクALSA」では、消費者金融カードローンのなかでも無利息期間が1番長く、最長180日間の無利息サービスを利用できます。

WEB上またはアプリから申し込めば、最短60分で融資が受けられるため、明日までに1〜3万円を用意することも可能です。

WEB完結で申し込めば、必要書類を郵送せずに手続きがおこなえるため、ローンカードを発行せずに融資が受けられる点も嬉しいポイントです。

新生銀行カードローンATMを利用すれば、手数料無料で借入・返済をおこなえるので、なるべく利息や手数料を負担したくない人にもおすすめです。

SMBCモビット

SMBCモビット
金利(年) 審査時間 無利息期間 在籍確認 Web完結 郵便物なし
3.0%~18.0% 10秒簡易審査 なし Web完結なら
電話連絡なし
借入限度額 融資スピード 最低返済額(月々) 担保・保証人 成約率 土日祝日の融資
最大800万円 ※最短30分 4,000円~ 不要 39.60%
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
横スクロールできます→

「SMBCモビット」のWEB申込みを利用すれば、電話連絡による在籍確認をおこなわずに融資が受けられるので、他人に知られずにお金を借りたい人におすすめです。

三井住友銀行のローン契約機でカードを発行すれば、その場ですぐに融資が受けられるので、急いでいる人も安心です。

また、急いでいる場合はWEB申込み後にコールセンターへ電話すれば、優先的に審査が受けられるので審査時間を短縮できます。

土日でも最短30分で審査が完了する上、最短3分で指定口座にお金を振り込んでもらえるので、いますぐに1〜3万円を用意したい人にもおすすめです。

ORIX MONEY

ORIX-MONEY


画像引用::ORIX MONEY

金利(年) 審査時間 無利息期間 在籍確認 Web完結 郵便物なし
2.9%〜17.8% 最短60分
借入限度額 融資スピード 最低返済額(月々) 担保・保証人 成約率 土日祝日の融資
10万円〜800万円 最短即日 1,000円~ 不要
横スクロールできます→

今すぐ申し込む→

「ORIX MONEY」はローンカードを発行しなくても、契約後すぐにWEB上から融資が受けられるカードローン です。

借りたお金の使用用途に制限はない上、利用限度額を10万円~800万円としているので、1〜3万円を借りたい場合にも利用できます。

最短60分で審査をおこない、契約後はスマホアプリやインターネットから融資が受けられるので、いますぐにお金を借りたいときも安心です。

ただし、申し込む時間帯によっては即日融資が受けられないケースもあるので、いますぐ1〜3万円を借りたい場合は、なるべく早めに申し込むようにしましょう。

1・2・3万円を借りた場合の利息はいくら?

1〜3万円を借りる場合、かかる利息はどの程度になるのでしょうか。

消費者金融カードローンで1〜3万円程度の少額融資を受ける場合、上限金利が適用されるため、18.0%程度の金利がかかるケースが多いです。

適用金利が18.0%の場合、1〜3万円を1ヶ月借りた場合の利息は以下のとおり147〜443円程度です。

  • 1万円×0.18÷365日×30日=147円
  • 3万円×0.18÷365日×30日=443円

ただし、消費者金融カードローンの多くは無利息期間を用意しているため、利息を一切負担せずにお金を借りることも可能です。

無利息期間内に1〜3万円を返せるのであれば、銀行カードローンではなく消費者金融カードローンを利用したほうがよいでしょう。

審査なしで1・2・3万円を借りられる方法

借金返済に遅れたり、長期間支払いを滞納していた場合など、他社借入で問題を起こしていると、消費者金融カードローンの審査に通過できません。

そうした場合、審査なしで1〜3万円を借るには、以下の方法があります。

  • 質屋の質入れ
  • 生命保険の契約者貸付制度
  • クレジットカードのキャッシング枠

質屋の質入れや生命保険の契約者貸付制度は、そもそも審査を実施していない上、既にクレジットカードのキャッシング枠を開設していれば、審査をパスして融資が受けられます。

それぞれの方法を1つずつ解説していきます。

質屋の質入れ

約5万円以上の価値をもつ貴金属やブランド品などを所有している場合、審査なしで質屋から1〜3万円を借りられます。

なぜなら、質屋には「質入れ」という制度があり、物品を担保にすることで担保査定額の70〜80%にあたるお金を借りられるからです。

担保査定額は購入時の価格や現在の状態などによって変動しますが、以下のような物品は高額査定を受けられる可能性が高いです。

  • ダイヤモンド1カラットの指輪
  • LOUIS VUITTONのバッグ
  • HERMESの財布・バッグ
  • タグ・ホイヤーの腕時計など

質屋でお金を借りる際の金利や融資スピードなどは以下のとおりです。

融資スピード 最短即日
金利 年利109.5%
限度額 解約返戻金の70〜80%まで

ただし、質屋で借りたお金を期限内に返済できなかった場合、質入れした物品は「質流れ」という形で、質屋側で売却されてしまうため注意が必要です。

一方で、借りたお金の返済が遅れても、質屋からの催促や取立ては一切ありませんが、物品に愛着がある人は、質流れを避けるためにも早めに完済しするとよいでしょう。

生命保険の契約者貸付制度

生命保険を契約している場合、契約者貸付制度を利用して1〜3万円を借りられます。

契約者貸付制度とは、保険料から積み立てた解約返戻金を担保にして、お金を借りられる制度のことで、審査を受けずに解約返戻金の70〜90%程度まで借入可能です。

具体的にいうと、生命保険に加入していて解約返戻金が約10万円以上あれば、審査なしで1〜3万円を借りられる仕組みです。

生命保険の契約者貸付制度を利用する場合、融資スピードや金利などは以下のとおりです。

融資スピード 最短即日
金利 平均1.55〜8.0%
限度額 解約返戻金の70〜90%まで

1〜3万円程度であれば、解約返戻金が10万円を超えていれば借入できるので、保険会社から届く保険証券に記載されている解約返戻金の金額を確認しておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠

キャッシング枠が設定されているクレジットカードを所有していれば、審査なしで1〜3万円を借りられます。

なぜなら、既にクレジットカードでキャッシング枠を開設していれば、審査を終えている扱いになるので、再審査をおこなわずに融資が受けられるからです。

借りられる金額は利用限度額やショッピング枠の利用状況によりますが、平均10〜50万円は借入できる場合が多いため、1〜3万円程度であれば問題なく借りられるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠の場合、融資スピード・金利などは以下のとおりです。

融資スピード 最短即日
金利 平均15.0〜18.0%
限度額 平均10〜50万円

ただし、現時点でクレジットカードのキャッシング枠が開設されていない場合、審査なしで融資が受けられず、新たに審査をおこなう必要があるため注意しましょう。

消費者金融カードローン以外で1・2・3万円を借りる方法

1〜3万円の少額融資を受ける方法は消費者金融カードローンだけでなく、他にもさまざまな方法が存在するので、自分の希望にあわせて方法を選ぶようにするとよいでしょう。

消費者金融カードローン以外で1〜3万円を借りるには、以下の方法があります。

  • スマホローン
  • 銀行カードローン
  • 国の公的融資制度

スマホから簡単に融資が受けられるスマホローンや、低金利で借入できる銀行カードローン・国の公的融資制度を利用する方法もあります。

それぞれの方法を1つずつ見ていきましょう。

スマホローン

スマホローンとは、スマホを操作するだけでアプリ上からお金を借りられるサービスで、ローンカードを発行する必要がなく、Web上で簡単に借入金を振り込んでもらえます。

融資スピードが早く、場所・時間を問わずにいつでも借入できる上、ローンカードが必要ないので、お金を借りたことを周囲に知られにくいといったメリットがあります。

ただし、スマホローンは審査なしで借入することができず、カードローンと同等の審査に通過しないと融資が受けられないため注意しましょう。

とはいえ、スマホ上で手続きすれば、場所を選ばず即座に融資が受けられるので、店頭・ATMに出向くのが面倒な人や家族に内緒でお金を借りたい人におすすめです。

銀行カードローン

銀行系カードローンとは、銀行や信用金庫といった金融機関が提供する融資サービスで、適用金利が1.5~14.5%程度なので、消費者金融カードローンよりも低金利です。

そのため、消費者金融カードローンやスマホローンよりも低金利な銀行カードローンを利用することで、支払う利息が安く抑えられます。

ただし、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査が厳しく、融資スピードが遅いため、早くても最短翌日での融資になってしまう点に注意しましょう。

また、金利が低いとはいえ銀行カードローンの多くは無利息期間を実施していないため、消費者金融カードローンを利用したほうが利息が安くなるケースもあります。

無利息期間が適用される30日以内にお金を完済できる見込みがある場合は、銀行カードローンではなく消費者金融カードローンを利用することをおすすめします。

国の公的融資制度

公的融資制度とは、生活が苦しい人に向けて国や自治体が無利息または低金利で融資をおこなう制度のことで、以下のような種類があります。

公的融資制度 限度額 金利 融資スピード
緊急小口資金 最大10万円まで 無利子 最短1週間
生活福祉資金貸付制度 毎月最大20万円まで 無利子〜1.5% 最短1ヶ月
臨時特例つなぎ資金貸付制度 10万円以内 無利子 最短3日以内

国が設けている公的融資制度は収益を目的としていないため、消費者金融や銀行のカードローンなどで融資を受ける場合よりも低金利でお金を借りられます。

また、生活が苦しい人に向けて設けられている公的融資制度では、所得が低いほど審査で有利な判断をしてもらえるため、無職の人でも借入可能です。

ただし、消費者金融カードローンに比べると融資スピードが遅い上、一定条件を満たす低所得世帯や高齢者世帯などでないと融資が認められない点に注意しましょう。

1・2・3万円を借りられない場合の対処法

過去にカードローンやクレジットカードで支払いの滞納などを起こしていると、信用情報に事故情報が登録されてしまうため、新しく申し込んでも融資が受けられません。

金融機関などでお金を借りられない場合、以下の方法で1〜3万円を用意できます。

  • フリマアプリなどで不用品を売る
  • 単発のアルバイトでお金を稼ぐ
  • 家族・友人などに援助してもらう

具体的には、不用品を売却したり、単発のアルバイトをすることでお金を入手する方法や、家族・友人などからお金を借りる方法があります。

対処法について1つずつ解説していきます。

フリマアプリなどで不用品を売る

フリマアプリなどで不用品を売却すれば、1〜3万円を稼ぐことも可能です。

以下のような物品は、比較的高額で売却できる傾向にあります。

  • 貴金属
  • ブランド品
  • スマホ・パソコンなど

いますぐに1〜3万円が必要な場合は、フリマアプリではなく即日で現金化してもらえるリサイクルショップなどに買い取ってもらうことをおすすめします。

一方で、1〜3万円の調達を急いでいない場合、ネットオークションやフリマアプリに出品することで、リサイクルショップよりも高額で売却できる可能性が高いです。

単発のアルバイトでお金を稼ぐ

急いで1〜3万円を用意する必要がない場合、単発のアルバイトでお金を稼ぐ方法もあります。

1日〜数日間という短期間のアルバイトであれば、自分のスケジュールにあわせて気軽に働けるため、スキマ時間を使ってお金を稼ぐことが可能です。

単発のアルバイトの具体例としては、以下のような仕事が挙げられます。

  • 警備員
  • イベントスタッフ
  • 仕分け・ピッキングなど

仕事内容にもよりますが、1〜3万円程度であれば、1日〜数日程度といった短期間で稼ぐことが可能です。

単発のアルバイトのなかには、勤務した日にアルバイト代を支給してもらえる、即日払いのアルバイトもあるので、なるべく早く1〜3万円を用意したい場合にも利用できます。

家族・友人などに援助してもらう

金融機関でお金が借りられない場合、家族・友人などに相談する方法もあります。

ただし、個人間でお金の貸し借りをおこなう場合、返済遅延・借逃げや贈与税の発生といったトラブルが発生する恐れもあるため注意しなければなりません。

家族・友人などからお金を借りる場合でも、トラブルを避けるために以下の内容を記載した「借用書」を作成しましょう。

  • 作成日
  • 借りた金額
  • 返済方法と返済日
  • 借りる人の名前・住所・印鑑
  • お金を貸す人の名前

借用書がないと、お金を返済する際に「貸した金額はもっと多かったはず」とごまかされたり「利息を支払ってほしい」と主張されるなど、トラブルが発生する恐れがあります。

裁判トラブルへ発展した場合も想定して、お金の貸し借りを口約束ではなく書面で証明するために借用書は必ず作成するようにしましょう。

まとめ

1〜3万円程度の融資を受ける場合、審査に比較的通過しやすく、融資スピードの速い「消費者金融カードローン」からお金を借りることをおすすめします。

消費者金融カードローンの多くは、30日程度の間は金利がかからない「無利息期間」を実施しているので、期間内にお金を完済できれば利息を一切払わずに済みます。

また、消費者金融カードローンの他にもスマホローン・銀行カードローン・公的融資制度から少額融資を受けることもできるので、自分にあった方法を選ぶとよいでしょう。

もし、金融機関や国から融資が受けられない場合、不用品を売却したり単発バイトで働くといった方法を用いれば、1〜3万円を調達することは容易なのでご安心ください。

1・2・3万円を借りる場合のよくある質問

1・2・3万円だけ借りる場合、借入先はどこがよいですか?

1・2・3万円程度の少額融資の場合、最短即日で融資が受けられる上、無利息で借りられる場合が多く、審査に通過しやすい「消費者金融カードローン」がおすすめです。

最短即日で1・2・3万円を借りられる消費者金融カードローンはどこですか?

アコム・プロミス・アイフル・レイクALSA・SMBCモビット・ORIX MONEYでは、最短即日での融資が受けられます。

1・2・3万円を借りた場合の利息はいくらですか?

1〜3万円程度の少額融資を受ける場合、上限金利である18.0%程度の金利がかかるケースが多いため、1ヶ月借りた場合の利息は147〜443円程度です。

審査なしで1・2・3万円を借りられる方法はありますか?

質屋の質入れ・生命保険の契約者貸付制度・クレジットカードのキャッシング枠で融資が受けられます。

1・2・3万円を借りられない場合はどうすればよいですか?

フリマアプリなどで不用品を売る・単発のアルバイトでお金を稼ぐ・家族・友人などに援助してもらうといった対処法があります。